阪大英文学会叢書<br> 病いと身体の英米文学

阪大英文学会叢書
病いと身体の英米文学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 344p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784269750272
  • Cコード C3098

目次

1 国家・身体・民族(亡命者たちとバラバラ死体―『オルノーコ』から『ロビンソン・クルーソー』へ;リリパットの国家身体―『ガリバー旅行記』における近代古代論争;有機体としての国家と女性の肉体―スコットの『ミドロジアンの心臓』 ほか)
2 科学・身体・神経(『終わりよければすべてよし』と精神的不調―『二人の貴公子』を照射して;クラリッサの死因―メランコリーとショックと神経と;理性、汎神論、そして再発見される身体―ウィリアム・ワーズワス ほか)
3 表象・身体・狂気(ヴィクトリア朝における女性の衣服と身体―コルセットをめぐって;リアム・オフラハティーの小説世界―存在の矛盾そして狂気;現代詩に見る身体モチーフ―モダニズムからポストモダニズムへ ほか)

著者紹介

玉井〓[タマイアキラ]
1946年生まれ、大阪大学大学院文学研究科・文学部教授。大阪大学卒、大阪大学大学院文学研究科修士課程修了、博士(文学)

仙葉豊[センバユタカ]
1947年生まれ、大阪大学言語文化部教授。大阪大学卒、大阪大学大学院文学研究科博士後期課程中途退学