消えたオリンピック・ランナー―金栗四三ものがたり

個数:

消えたオリンピック・ランナー―金栗四三ものがたり

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A4判/ページ数 32p/高さ 25cm
  • 商品コード 9784267021626
  • NDC分類 E
  • Cコード C8723

出版社内容情報

大河「いだてん」で話題沸騰!主人公・金栗四三の生涯が、絵本になって登場。ストックホルム・オリンピックに出場するも、途中で意識を失い、行方不明に…。「消えたランナー」といわれた金栗四三。非力な日本人が世界を舞台に戦うためには、練習方法と環境を変えるしかない!
自分の失敗や悔しさをばねにして、箱根駅伝をはじめ日本のスポーツ文化を大きく発展させた金栗四三の生涯が、今度は絵本となって登場!
対象年齢・小学校、低中学年から。巻頭付録に「金栗四三すごろく」収録。

佐山和夫[サヤマカズオ]
原著

桜咲さくら子[サクラザキサクラコ]
著・文・その他

和絵[カズエ]
イラスト

内容説明

オリンピックでの「失敗」が、「日本マラソンの父」を生んだ!いまこそ、子どもたちに伝えたい―悔しいこと、つらい思い出をのりこえてチャレンジすることのすばらしさを。大河で話題の「日本のマラソン王」が絵本になって登場!小学校中学年向き。巻頭付録「金栗四三すごろく」。

著者等紹介

佐山和夫[サヤマカズオ]
1936年和歌山県生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。ノンフィクション作家。潮賞ノンフィクション部門、和歌山県文化功労賞、ミズノスポーツライター賞など受賞

桜咲さくら子[サクラザキサクラコ]
1969年生まれ。児童文学の創作活動をおこなう

和絵[カズエ]
1978年生まれ。絵本の挿絵をはじめ、ポスター、リーフレット、CMアニメーションなど、幅広く手掛ける。現在フリーで活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たまきら

26
六年生の読み聞かせのために借りてきたら、「知ってる!いだてんででてきた!」…いだてんを見ていないので逆に教えられちゃった。最後の粋なアナウンス、いいなあ。どんなに恥ずかしくても、失敗しても、それをばねに素晴らしい実績を立てることができる。そんな生き証人のような素敵な人のお話でした。2019/06/29

どあら

20
図書館で借りて読了。スポーツマンは、長生きですね(^^) 日本のマラソンの父と語られる程、スゴイ人だったのね。2020/04/12

バルバルバール

1
四年生読み聞かせ候補。来年の東京オリンピックに向けて良いかな、とセレクト。とてもよいストーリーだが、淡々と事実だけだからか、前半がちょっと読み難い。サクサク読んで8分。2019/08/20

taverna77

1
四三(しそう)さんの名前の由来や、箱根駅伝、福岡国際駅伝を構想した実績など、なかなか面白い伝記でした。名を成す人は名を成すなりのことをやっているなという感じ。2019/08/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13481576
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。