ぼくは朝日

個数:
電子版価格 ¥1,527
  • 電書あり

ぼくは朝日

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年01月18日 16時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 209p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784267021596
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

富樫くんが家に遊びに来ると、とんでもない事件が発生―。近所の「かちゃっぺない」カズ坊さんから、朝日に衝撃発言が―。「こねこ、上げます」の貼り紙にねだる朝日。反対する家族―。破天荒な朝日の父は名探偵!?友だちの島田さんはいい人だが―。亡き母の代わりに西村家を支える夕日には、驚くような秘密が―。北海道・小樽を舞台にした、昭和の風情ただよう、笑いあり涙ありの家族の物語。

著者等紹介

朝倉かすみ[アサクラカスミ]
北海道生まれ。2003年に「コマドリさんのこと」で北海道新聞文学賞を、04年に「肝、焼ける」で小説現代新人賞を受賞。05年、『肝、焼ける』で単行本デビュー。09年に『田村はまだか』で吉川英治文学新人賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

1970年代、北海道・小樽。子どもが子どもでいられた時代のある家族の物語。小学4年生の朝日を中心に、マイペースな父、母代わりのしっかり者の姉、愛猫のくろちゃん、そして家族を取り巻く個性豊かな人々。
ともに笑い、泣き、怒りながら家族の絆は強くなっていく。

アットホームな家族の予想外の結末!あなたの目頭はきっと熱くなる。

朝倉かすみ[アサクラカスミ]
著・文・その他