潮文庫<br> 東京湾ぷかぷか探検隊

個数:
電子版価格 ¥763
  • 電書あり

潮文庫
東京湾ぷかぷか探検隊

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月24日 15時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 317p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784267020773
  • NDC分類 787.1
  • Cコード C0195

出版社内容情報

朝日新聞のWEBページ「朝日マリオン」でダントツの最長連載となった人気エッセイ&イラスト連載を文庫化!東京湾での「遊び方」「さばき方」「食べ方」 魚と遊びの魅力が満載!
作家・森沢明夫とイラストレーター・うぬまいちろうが、東京湾を食べて、遊んで、味わいつくす!
東京湾という奥の深い自然を遊びつくし、愉快に探検。エッセイと、それに関連するイラストをふんだんにつかった読んで楽しい、見て納得のエピソードを収録。東京の海を、とにかくまるごと楽しんでしまおうというコンセプトのエッセイ。

森沢明夫[モリサワアキオ]
2007年小説家デビュー。「津軽百年食道」「あなたへ」「夏美のホタル」など多数の作品が映画化。「虹の岬の喫茶店」が原作の映画「ふしぎな岬の喫茶店」は第38回モントリオール世界映画祭で2冠を獲得。

内容説明

自由で粋でロッケンロールな読者の皆さんに捧げる、大人の探検エッセイ。探検の舞台は、身近なようで案外知らない「東京湾」。小説家・森沢明夫と、イラストレーター・うぬまいちろうが、どこよりもユルく、誰よりも脱力感まる出しで、ときには海の上を、ときには渚を、ときには海沿いの町を、のんびりぷかぷか漂いながら遊び倒します。

目次

第1章 ぷかぷか編―いざ、江戸前の海へ(マテ貝の「狩人」になろう;谷津干潟で怪鳥に変身だ;夢のキス「ひじたたき」をゲットせよ ほか)
第2章 わくわく編―クセになっちゃう海遊び(カマス釣りで大嘘をカマす;海のチビ・デビルで復讐の狼煙をあげる;イカの王様と海ホタル ほか)
第3章 どきどき編―粋でイナ背でロックな癒し(クロアジちゃんはスリム・ビューティー;東京湾でジンベエザメと泳ぐ;クロダイの臭い落とし込み釣り! ほか)

著者等紹介

森沢明夫[モリサワアキオ]
1969年生まれ。千葉県出身。早稲田大学卒業。2007年『海を抱いたビー玉』で小説家デビュー

うぬまいちろう[ウヌマイチロウ]
1964年生まれ。神奈川県出身。多摩芸術学園卒業。音楽出版社退職後、イラストレーターとして独立。現在は雑誌、書籍、広告など多岐にわたり活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

美登利

93
実に面白い!超くだらないギャグ満載でつい声が出てしまうほど笑えます。これは人前で読むのは止めた方が良いと思います。東京湾。千葉県に住んでるけれど、釣りは二度くらいしか経験がないので、その楽しさは私には分からないのですが(あまり釣れなかったし)、穴場などは聞いたこともあり、我が家から割りと近いところで見かけは強面のオッサン二人がおバカなことをやって楽しんでたのを見たかったなぁ。魚のさばき方や食べ方も紹介してあります。イラストもすごく面白いんだけど、本が小さくて字も小さすぎ!森沢さんは本当にマッチョですよ。2017/01/23

小梅

86
「東京トカイナカ探検隊」も面白かったですが、こちらも楽しかったです。 この2人って仲が良いなぁ〜 私もB型だから、こんな本気で遊んでるオトナが羨ましいです。2017/05/06

あつひめ

67
友人からサイン入りの本を頂いた。ギャグのような大人の遊び。それを本気で楽しんでいて、ちゃんと獲物も釣り上げて…なーんか、すごくリラックスしている様子が伺えるとても楽しい一冊でした。小説では涙を誘う優しいお話が多い中、こんな一面も持っているのかなぁとそのギャップに驚いだり。仕事とプライベートのバランスがいいんだろうな。釣りはしたことがないけど、こんな新鮮な魚を、潮の香りのする中で味わってみたくなりました。2017/05/16

ポチ

61
今回の探検もこの二人だから相変わらず面白い。魚の美味しい食べ方、捌き方も載っていて「海釣りしたいなぁ〜!、釣りたて食べたいなぁ〜‼︎」と羨ましくなりました。次は本職?の心がほっこりする本を読もうかな(^^)2017/02/24

いたろう

53
「東京トカイナカ探検隊」に続く、探検隊シリーズ(?)第2弾。今回の「探検」は、東京湾での船釣りが中心。二人のかけあい漫才のようなやり取りが、またまた可笑しすぎる。前作に比べ、うぬまさんのイラストがモノクロで少なくなり、イラスト本というより挿し絵という感じも、森沢ファンとしては、森沢さんの文章がより味わえて、良いとも言える(?) しかし、バカなことばかり書いているようで、ちゃんと東京湾での釣りと料理法の指南書にもなっているから侮れない。さてさて、次はどんな「探検」が待っているのだろう。2017/03/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11260755
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。