幸福の条件―新道徳論

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 188p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784267019135
  • NDC分類 150.4
  • Cコード C0095

出版社内容情報

「得」をしようと狙いすぎるとチャンスを逃す。頭を働かせて、ただの貪欲と賢い貪欲の違いを知る――。それが新道徳の基礎。

内容説明

『得』をしようとねらいすぎるとチャンスを逃す。頭を働かせて、ただの貪欲と賢い貪欲の違いを知る―。それが“新道徳”の基礎。人間の本質に迫ったエッセー集。

目次

道徳なしに生きることはどうやら難しい
道徳は人のためならず
バーゲン理論
続・バーゲン理論
「小さな貪欲」に罪はない
商行為とモラルの危機
「義務教育」の変容
教育と格差社会
モンスター・ペアレンツの源流
イソップ寓話の教訓〔ほか〕

著者等紹介

鹿島茂[カシマシゲル]
フランス文学者、作家。1949年、横浜生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。共立女子大学教授を経て、明治大学教授。専門は、19世紀フランスの社会生活と文学。91年『馬車が買いたい』でサントリー学芸賞、96年『子供より古書が大事と思いたい』で講談社エッセイ賞、99年『愛書狂』でゲスナー賞、2000年に『職業別パリ風俗』で読売文学賞を受賞。執筆活動のみならず膨大な古書コレクションを所有するコレクターとしても知られている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。