潮文学ライブラリー<br> レ・ミゼラブル〈4〉

個数:

潮文学ライブラリー
レ・ミゼラブル〈4〉

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年04月18日 13時58分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 532p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784267018152
  • NDC分類 953
  • Cコード C0097

内容説明

マリユスの恋はひとときの幸福な日々をもたらすが、度重なる障壁が非力な青年を絶望の淵へと突き落とす。いつしか反乱のバリケードの群衆に加わっていた彼にはさらなる悲劇的な運命が待ち受けていた―。「人間の本当の分類はこうだ。光をもつ人間と暗い人間。だからわれわれは、教育を!学問を!と叫ぶのだ」暴力統治の時代から、普遍的な法が支配する時代へと人類の宿命の転換をめざしたユゴー文学の極致。

著者等紹介

辻昶[ツジトオル]
1916~2000。フランス文学者。東京大学大学院修了。東京教育大学教授、白百合女子大学教授を歴任。東京教育大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はる

14
マリウスとコゼットが出会ってすぐの話、2人とも幸せなのがとってもいい。反徒としてバリケードを築いたり、その中にスパイとしてジャベールがいたり、ジャンバルジャンがコゼットに近づくマリウスに気づいて不穏な動きを始めてしまった。映画で観たのとは違い、フランスの民衆の不満や背景がよくわかって、難解だけどおもしろいな。あと一冊で読み切り。2017/10/06

viola

7
エポニーヌ!ネタバレになっちゃうのであまり書けませんが・・・エポニーヌ!と叫びたい。エポニーヌの○の原因って○だったなんて!ミュージカルでは描いてなかったなぁ。もーちょっと切ない恋心特化して描いて欲しかったりもしますが、やっぱり面白い~~。ジャン・バルジャンは善人すぎる人物という欠点があったけど、コゼットを奪われたくないゆえの葛藤も描かれていて、やや立体的に。「愛のいちばんたしかなしるしは、ときにはほとんど耐えられなくなるほどのあわれみの気持ちが生まれることだ。」確かにそうかも・・。遂にあと1巻です。2011/08/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/534910
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。