少女探偵アガサ〈5〉フランス編―エッフェル塔殺人事件

個数:

少女探偵アガサ〈5〉フランス編―エッフェル塔殺人事件

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月24日 09時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 155p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784265860272
  • NDC分類 K973
  • Cコード C8397

出版社内容情報

ラリーの兄が暮らすパリを訪れたアガサたちに、殺人という大事件が舞いこんだ!犯人はだれなのか、そしてその動機とは?

サー・スティーヴ・スティーヴンソン[サースティーヴスティーヴンソン]
著・文・その他

中井 はるの[ナカイ ハルノ]
翻訳

patty[パティ]
イラスト

内容説明

パリのシンボル、エッフェル塔。その中にある有名レストランで殺人事件が起こった!犯人を捕まえるというミッションをあたえられたラリー。探偵アカデミーの生徒にとっては、この上なく難しいものだ。雪降る美しいパリの町を舞台に、アガサ、ラリー、ケントが謎を追う!

著者等紹介

スティーヴンソン,スティーヴ[スティーヴンソン,スティーヴ] [Stevenson,Steve]
イタリアの作家。ボローニャ大学にて心理学系の研究チームに所属していた。イタリアやイギリスで長らくゲーム関連の出版にたずさわったのち、児童文学作家となって活躍

中井はるの[ナカイハルノ]
子どもの誕生を機に、児童書の翻訳や本作りに興味を持ち、絵本作家のアシスタントなどを経て書籍の仕事を始める。「グレッグのダメ日記」シリーズ(ポプラ社)、『木の葉のホームワーク』(産経児童出版文化賞受賞/講談社)などを翻訳している

patty[PATTY]
イラストレーターとして活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

歩月るな

6
今回は冬休み、パリに住んでいるラリーの兄で画学生のガスパールに会いに行く。今回は親戚が物語に直接絡むことはなく、絵の具を買いに行ってくれとおつかいを頼まれたままそれが忘れ去られると言うオチ要員な役割に。キャラクター的にはそれでいいのかもしれない。そんな彼の弟のラリーは今回はひょんなことから、殺人事件の捜査を担当することに。探偵生命の危機である。実際に殺人犯が相手になる事もあって、普段は大活躍のケントさんのパンチは今回も炸裂はするのだが、クライマックスには手助けに入れないため、前話以上にヒヤヒヤする展開。2018/03/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12675928

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。