調べよう!日本の自然と人びとのくらし〈6〉雪国のくらし

個数:
  • ポイントキャンペーン

調べよう!日本の自然と人びとのくらし〈6〉雪国のくらし

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 08時35分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A4判/ページ数 47p/高さ 29cm
  • 商品コード 9784265021468
  • NDC分類 K291

目次

1 雪国の自然を調べよう(世界から見た日本の降雪;冬の季節風と気圧配置;日本の降雪と豪雪地帯)
2 雪国のくらし(北の大地のくらし 北海道札幌市ほか;ストーブ列車の語らい 青森県津軽半島;雪と親しむくらし 新潟県十日町市;合掌づくりの家なみ 岐阜県白川村)
3 雪国のくらし百科(大きな雪害;雪からくらしをまもる;雪国の農産物;雪どけ水と農業;雪をいかした町づくり;克雪から利雪へ)

著者紹介

井田仁康[イダヨシヤス]
筑波大学人間系教授。博士(理学)。1958年東京都生まれ。筑波大学大学院地球科学研究科単位取得退学。社会科地理教育カリキュラムの開発、ニュージーランドをはじめとする世界の社会科教育・地理教育の比較研究、GISを導入した社会科授業の研究など、社会科教育・地理教育の理論的、実践的教育を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

日本の気候の特徴と各地の豪雪地帯を概観し、雪害にそなえる工夫、雪を生かした行事、産物、雪どけ水の利用などを解説。

パート1で日本の気候と豪雪地帯を概観し、パート2で北海道、青森県、新潟県、岐阜県の雪国の暮らしを見て行きます。パート3では雪害にそなえる工夫、雪を生かした行事、産物、雪どけ水の利用などを解説。

【著者紹介】
井田仁康  筑波大学大学院人間総合科学研究科(教育系)教授、理学博士