成功する歯周病治療―歯科衛生士なにする?どうする?

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 118p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784263421499
  • NDC分類 497.2
  • Cコード C3047

内容説明

歯科衛生士が実際の歯周病治療の臨床の場で行うべき役割の実際、問題点の解決法、考え方について、長期症例写真も紹介しながらわかりやすく解説。

目次

第1章 歯周病治療の流れの中での歯科衛生士の役割(歯周病とはなにか―歯周病とは歯肉の正常な付着位置が失われた状態;歯周病治療の目標(ゴール)とは―歯肉の付着位置(attachment level)の長期の維持 ほか)
第2章 モチベーションを成功させるための歯科衛生士の役割(モチベーションに成功するためには、イニシャルプレパレーション(I.P.)のシステム化が必要
イニシャルプレパレーション(I.P.)とは―患者さんと歯科医療側が行う口腔の健康のための準備 ほか)
第3章 歯科衛生士として提案する歯周病治療の計画案(基礎知識―歯科衛生士が歯周病治療計画を提案する意味;歯周病治療計画を提案するうえでの症例の見方のポイント―まずプラークコントロールによって歯周組織の反応をみる ほか)
第4章 メインテナンスを成功させるための歯科衛生士の役割(メインテナンス―良好な歯肉の付着位置の長期維持;メインテナンスの成功へのポイント ほか)

著者等紹介

池田雅彦[イケダマサヒコ]
1947年兵庫県宝塚市に生まれる。1973年北海道大学歯学部卒業。1976年札幌市開業。北海道大学歯学部非常勤講師。1978年東日本学園大学(現北海道医療大学)歯学部非常勤講師。1995年日本歯周病学会認定医資格取得。同学会評議員。1997年同学会指導医資格取得。2002年北海道大学歯学部臨床教授。2003年日本歯周病学会理事。日本臨床歯周病学会理事

佐藤昌美[サトウマサミ]
1968年北海道釧路市に生まれる。1991年北海道医療大学歯学部附属歯科衛生士専門学校卒業。1991年池田歯科クリニック勤務

鴫原康子[シギハラヤスコ]
1947年北海道函館市に生まれる。1967年北海道立衛生学院歯科衛生学科卒業。1982年池田歯科クリニック勤務
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。