新しいキャンプの教科書

個数:

新しいキャンプの教科書

  • ウェブストアに53冊在庫がございます。(2021年10月20日 19時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 143p/高さ 15X22cm
  • 商品コード 9784262162720
  • NDC分類 786.3
  • Cコード C2075

出版社内容情報

準備を工夫して、現地ではのんびり。日常から解放されるためのキャンプのススメ

・基本を丁寧に解説しているので、初心者向けのキャンプ入門書としてぴったり!
・テントやランタンなどの道具を使いこなすノウハウから、キャンプを盛り上げるたき火や料理のテクニックまで。アウトドア好きの遊び心をくすぐる情報が満載。
・キャンプの知識を災害時や困ったときに応用するアイディアも提案。
(※火を起こして暖を取る、お米を炊く、テントを張り寒さをしのぐなど、アウトドアでは当たり前の事が被災時に大いに役立ちます。)
・風や雨に強いテントの立て方。失敗しない米の炊き方。虫や植物、鳥の知識、見つけ方。
お父さんが家族にいいところを見せられるノウハウが満載!!

1 キャンプをはじめよう
(キャンプの考え方)
2 住空間をつくる
(テントやタープの設営)
3 自由自在に火を操ろう
(盛り上がるたき火のテク)
4 自然のなかで楽しく遊ぼう
(自然と一体になるコツ)
5 食事はたのしく
(豪快&簡単メニュー)
6 キャンプのススメ
(キャンプの楽しみ方、いざというときの活かし方)

【著者紹介】
寒川一(さんがわはじめ)を代表とする、アウトドアのプロ集団。自然とのふれあいを通して、現代人の心を解き放つ手伝いをしている。たき火やハンモックによる昼寝にはこだわりアリ。加えて、災害被災時に役立つアウトドアのノウハウを、楽しく、実践的に学ぶ体験型の『防災キャンププログラム』を提案中。

内容説明

アウトドアの基礎知識と自然の中で快適に過ごすアイディア。キャンプの知識はいざというときに役に立つ!日常から解放されるためのキャンプのススメ。

目次

1 キャンプをはじめよう(「新しいキャンプ」をはじめよう;これさえあればキャンプは楽しい ほか)
2 住空間をつくろう(フリーサイトのススメ;テントサイトのレイアウト考 ほか)
3 自由自在に火を操ろう(焚火をしないで何をする?;焚火アイテムはこんなにある ほか)
4 自然の中で遊ぼう(キャンプは2泊3日で行こう!;提案!2泊3日の過ごし方 ほか)
5 野外料理をつくろう(キャンプ料理は計画的に;失敗しないごはんの炊き方 ほか)
6 キャンプのススメ(僕らに自然が必要な理由;キャンプは生き方を教えてくれる ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みっくす

45
見ているだけでわくわくする。キャンプを通じて家族みんなで生きる力をつけられたら。まずはBBQからかな。ハンモックもほしい。またいい季節になったら借りる予定。2017/01/21

ぶんこ

41
よくキャンプに行っていたのは遥か昔で、焚き火は地面にじかにやれていた時代。この本を読んで初めて今は出来ないところが多いと知りました。椎名誠さんの「怪しい探検隊」メンバーはもっとワイルドにキャンプをしていらして憧れましたが、家族キャンプとなると、色々と道具も揃えて、何よりも安全第一。小さい頃のキャンプ体験は良い思い出になるし、スキルが身につけば災害時にも慌てずにすみますね。紹介されていたキャンプ料理は高度かな。私のキャンプ料理は自宅で冷凍しておいたり、カットして炒めるだけにして持参の手抜きでした。2019/07/23

ともかず

34
キャンプに必要な道具など、詳しく知れたのでよかったです。アマゾンで欲しいものリストに追加しながら読んでました。実際にキャンプでできそうレシピもいくつか掲載されていたので、いつか挑戦してみたいと思います。道具やその使い方など多く収録されてましたが、本書の基本スタンスは「不便を楽しむ」なのかと感じました。まずは道具集めるとかに縛られず、キャンプ行って楽しむのが不便を楽しんできたいです。2020/05/16

かいゆう

33
こだわりの道具いいなぁ。写真の雰囲気に憧れます。4人分の価格を考えると、安っぽいものになってしまう。初めはそれでよかったけれど、もう何回も行ってると、見た目もいいものが欲しくなってきた。寒い日はブランケットをシュラフの中に入れるという技を4月末のキャンプで実践してみたら、暖かくてよかったです。あとイスに座る時、膝の上にブランケットを掛けるのではなく、お尻の下に敷いた方が暖かいというのも嬉しい情報でした。2016/05/08

かいと

31
炭は種類によって、火力とか火がつきやすいとかがあることが分かりました。料理のレシピがのっていておいしそうなやつがあったので、作って食べれるといいなと思いました。2016/05/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9713257

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。