マンガでわかる三国志

個数:
電子版価格
¥1,200
  • 電書あり

マンガでわかる三国志

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月24日 10時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 254p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784262155593
  • NDC分類 923.5
  • Cコード C2022

出版社内容情報

1800年を経て、なお愛される「珠玉の歴史ロマン」を味わい尽くす!私たちがよく知る三国志は、『三国志演義』という
中国の明の時代に書かれた歴史小説が元になっています。
三国志演義は小説ですから、歴史的な記録とは異なることがあります。
たとえば、演義では悪役として描かれている曹操は、
歴史書である正史『三国志』では、時代を超越した英雄だと記録されています。
なぜ、歴史書で英雄とされた人物が悪役となったのでしょう?
本書は、三国志演義のストーリーをマンガでなぞり、
正史三国志などの歴史書を元に、歴史の真実と
英雄の素顔を解き明かしていきます。

●「どうして、曹操は悪役に描かれたのか?」 三国志を読み解き、歴史の真実を知る。
●黄巾の乱から、中華統一までを時系列で解説。 歴史の流れがわかるマンガ&図解。
●曹操、劉備、関羽、諸葛亮などを史料から徹底検証! 人気武将の素顔がわかる!
●名言、名勝負をドラマチックに解説!
●深読みのカギとなる中国の歴史、哲学、当時の文化を詳解!

第一章 後漢の衰退と乱世の幕開け
・黄巾とは何者だったのか?
・曹操は魔王か、英雄か?
・暴君董卓を生んだ袁紹の愚策
・貂蝉に見る演義の文学性

第二章 英雄たちの雄飛
・徐州大虐殺は曹操の大汚点
・優柔不断の劉備、果断の曹操
・なぜ劉備は張飛を許すのか?
・とにかく画になる孫策&周瑜

第三章 曹操が中原の覇者となる
・「義」と対極にあった呂布のもろさ
・関羽が降伏した「漢」とは何か?
・ポイントは関羽の武か、曹操の軍略か

第四章 三人の英雄が覇を競う時代
・劉備に欠けていたのは戦略か、戦術か
・ドラマチックに脚色された三顧の礼
・正史に「赤壁の戦い」の詳細はない
・諸葛亮に出し抜かれ続けた周瑜

第五章 そして中華統一へ
・復讐にこだわる劉備は仁者か?
・孔明は滅びを予見していたのか?
・むき出しになる司馬懿の野心

渡邉 義浩[ワタナベ ヨシヒロ]
1962年、東京都生まれ。筑波大学大学院歴史・人類学研究科博士課程修了。現在、早稲田大学文学学術院教授。専門は中国古代思想史。三国志学会事務局長も務める。主な著書に『図説 呉から明かされたもう一つの三国志』(青春新書インテリジェンス)、『三国志 運命の十二大決戦(祥伝社新書)、『三国志?演義から正史、そして史実へ』(中公新書)、『三国志 英雄たちと文学』(人文書院)、『一冊でまるごとわかる三国志』(だいわ文庫)などがある

袴田 郁一[ハカマダ ユウイチ]
1987年生まれ。早稲田大学大学院文学研究科在籍。修士(中国学)。専門は中国史学思想。研究論文に、「吉川英治『三国志』の原書とその文学性」(『三国志研究』八号)など。歴史・文学・哲学などあらゆる面から、複合的かつ丁寧に切り込む語り口は、読む者に新たな三国志世界の扉を開かせてくれる。趣味は各地の関帝廟を巡ること。

山本 佳輝[ヤマモト ヨシテル]
愛媛県出身。カープ男子。TV ゲーム「真・三國無双」(コーエー)で三国志と出会い、『蒼天航路』(講談社)で夢中になる。大学の史学科に進み、PC ゲームから大学の蔵書まで「三国志」を貪ってきた三国志大好き作家。好きな人物は、呂布・周瑜・曹操。

内容説明

私たちがよく知る三国志は、『三国志演義』という中国の明の時代に書かれた歴史小説がもとになっています。三国志演義は小説ですから、歴史的な記録とは異なることがあります。たとえば、演義では悪役として描かれている曹操は、歴史書である正史『三国志』では、時代を超越した英雄だと記録されています。なぜ、歴史書で英雄とされた人物が悪役となったのでしょう?本書は、三国志演義のストーリーをマンガでなぞり、正史三国志などの歴史書をもとに、歴史の真実と英雄の素顔を解き明かしていきます。

目次

序章 三国志の誕生―三国志に込められた思いをひもとく
第1章 後漢の衰退と乱世の幕開け
第2章 英雄たちの雄飛
第3章 曹操が中原の覇者となる
第4章 三人の英雄が覇を競う時代
第5章 そして中華統一へ
終章 三国志、その後

著者等紹介

渡邉義浩[ワタナベヨシヒロ]
1962年、東京都生まれ。筑波大学大学院歴史・人類学研究科博士課程修了。現在、早稲田大学文学学術院教授。専門は中国古代思想史。三国志学会事務局長も務める

袴田郁一[ハカマダユウイチ]
1987年生まれ。早稲田大学大学院文学研究科在籍。修士(中国学)。専門は中国史学思想

山本佳輝[ヤマモトヨシテル]
愛媛県出身。大学の史学科に進み、PCゲームから大学の蔵書まで「三国志」を貪ってきた三国志大好き作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

わっぱっぱ

20
まんが:図解:解説文=1:1:8 とても解りやすく且つ細部の行き届いた著書と評価。あらすじを追いながらその舞台背景、人物造形を掘り下げ、「正史」と「演義」の違いなどについても触れています。 小説『三国志』を読破するのが昔からの夢?ではあるものの、如何せん中華史にめっぽう弱い私にとって、予習兼補助教材として最適でした。 さて本書を片手に吉川、宮城谷、北方、柴田、、、どの『三国志』を読もうか。悩ましいところであります。2017/07/13

ぽっぽママ

10
最初マンガ部分の絵を見て想像していたより(かなり荒っぽいので)丁寧でわかりやすい。正史と演義、白話小説それぞれの扱いや解釈の違いも説明してあって参考になる。2018/03/28

m.miyazaki

1
三国志演義のストーリーをマンガで楽しみつつ、演義と正史とわかりやすく比較解説しているので、三国志に初めて触れる人向けの本である。自分自身、三国志のことを知りたいけど、どこから手をつけていいかわからないという状態だったので、三国志の導入としてはこの本を最初に読んだのは当りだった。魏呉蜀とそれぞれ魅力的な人物がいて、史実としても面白く、だからこそ三国志がとても人気があることに納得できた。三国志演義を読んでいく上で、度々読み返すことになりそうな本である。2019/06/20

リスタト

0
骨太で内容盛りだくさん。「マンガでわかる」というタイトルだけど、マンガ部分は10%ほど。文章がぎっしり。三国志初心者というより、ある程度三国志を知っている人向け。脱初心〜中級者向けかな。2022/12/29

吉積康太

0
読書メモ21/2021📝2021/03/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11243598
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。