まいにち腸日記 - 3週間でお腹が整う

個数:

まいにち腸日記 - 3週間でお腹が整う

  • ウェブストアに489冊在庫がございます。(2021年04月21日 01時10分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 160p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784262123660
  • NDC分類 493.46
  • Cコード C2077

出版社内容情報

本書は、腸や食事の記録を30日間つける日記です。
自分の便の状態と、食事、生活習慣、その日の出来事、などを記録することで、
自分の腸の状態を知り、改善していきます。個人差はありますが3週間程度で効果は表れます。

特徴1 「傾腸」(自分の腸に耳を傾ける)で腸の調子がわかり、改善できる
江田先生は日頃から、腸の健康には「傾腸」(自分の腸に耳を傾ける)が何より大切だとおっしゃっています。
なぜなら、腸の状態は、その人によって異なるためです。巷で腸によいと言われる食事、体操、生活習慣を、やりながら、腸の状態を見て、自分に合っている生活に気づき、継続していきます。

特徴2 日記によって自分の心と向き合うことで、腸が整う! ※ここが新しい!!!
「心(脳)の状態が整っていない」ときは、「腸の状態が整ってない」ことが最新の研究で明らかにされています。また、最新の便秘、下痢の治療には「認知行動療法」が用いられているのですが、この日記では認知行動療法を自分でも簡単にできるようにしています。実際には、その日にあった出来事を記録して、そのときの気持ちを記録することで、自分の思考のクセに気づけるようにします。

◎認知行動療法は実際に腸の改善に効果!
「認知行動療法」とは?
うつや、統合失調症などに使われる治療法。患者の悩みをノート列記していき、問題を明確化していくことで症状の改善を図る。
最新の研究で腸の状態だけでなく、日記を書くことで、血液が下がることもわかっています。