慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル

個数:

慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2020年10月20日 12時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 153p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784260341721
  • NDC分類 492.9
  • Cコード C3047

目次

第1章 軌跡理論にもとづく慢性疾患管理の看護モデル
第2章 癌からの回復の軌跡
第3章 軌跡の枠組みによる循環器疾患の概念の再構成
第4章 慢性疾患の病みの軌跡モデルのHIV・AIDSへの適用
第5章 慢性の精神疾患―始まりも終わりもない軌跡
第6章 多発生硬化症患者の看護への軌跡モデルの適用
第7章 マラソンコースの方向づけ―軌跡の枠組みの糖尿病への適用
第8章 六つの論文についての解説

出版社内容情報

《内容》 グラウンデッド・セオリー研究の第一人者による軌跡モデルの実際。グラウンデッド・セオリーは,看護独自の研究法を導く手法として,現在大きな注目を浴びている。本書は,この理論を元にした看護研究の第一人者であるコービンとストラウス自身による「慢性疾患の病みの軌跡モデル」の解説の後で,循環器疾患,HIV/AIDS,精神疾患,癌,多発性硬化症,糖尿病などにかかわる分野で活躍している看護専門職が,それぞれの分野での軌跡モデルの適用について報告している。原著は1992年度の『アメリカン・ジャーナル・オブ・ナーシング』誌の“ブック・オブ・ザ・イヤー”を受賞,その内容の確かさはアメリカでも認められている。