出生と死をめぐる生命倫理 - 連続と不連続の思想

個数:

出生と死をめぐる生命倫理 - 連続と不連続の思想

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2016年09月27日 22時51分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 239p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784260024013
  • NDC分類 490.15

出版社内容情報

40年にわたり日本の新生児医療を牽引してきた著者が、臨床で経験した事例や海外での事例を交えつつ、周産期における生命倫理の考え方を述べる。単に経験だけでなく、1970年代はじめの日本において臨床倫理の素地を関係者たちと固めていった歴史的な観点も踏まえて倫理観を語り、出生をめぐる生命倫理の道筋を読者に示す。『助産雑誌』好評連載の待望の書籍化。