シリーズケアをひらく<br> ニーズ中心の福祉社会へ―当事者主権の次世代福祉戦略

個数:

シリーズケアをひらく
ニーズ中心の福祉社会へ―当事者主権の次世代福祉戦略

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年02月22日 04時35分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 288p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784260006439
  • NDC分類 369
  • Cコード C3347

内容説明

「当事者になる」ことは、みずからニーズの主体となり、社会がそれを満たす責任を要求するクレイム申し立て活動と不可分である。いまだ存在していないニーズを生成し、顕在化させるプロセスは、どういう社会がのぞましいか、という社会構想力をともなう創造的な過程である。それには、規範的、政治的な選択が関わってくる。「ニーズ中心」という本書の立場は、そのための理論的基礎を提供することを目的としている。

目次

理念(当事者とは誰か?―ニーズ中心の福祉社会のために)
ニーズとサービス(ケアサービスのシステムと当事者主権;高齢者のニーズ生成のプロセス―介護保険サービス利用者の語りから;ニーズはなぜ潜在化するのか―高齢者虐待問題と増大する「息子」加害者)
事業(福祉多元社会における協セクターの役割;福祉事業における非営利・協同セクターの実践―生活クラブ生協千葉の事例から)
制度(三つの福祉政府体系と当事者主権;これからの社会保障政策と障害福祉―高齢者ケアとの統合を含む社会サービスの可能性を視野に)
アクション(楽観してよいはずだ;当事者主権の福祉戦略―ユーザユニオンの結成へ)

著者等紹介

上野千鶴子[ウエノチズコ]
東京大学大学院人文社会系研究科教授(社会学)

中西正司[ナカニシショウジ]
全国自立生活センター協議会代表。20歳のときに交通事故により四肢まひになる。1986年に初めての自立生活センターであるヒューマンケア協会を設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。