アメリカの有機農業

アメリカの有機農業

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 231p/高さ 19X13cm
  • 商品コード 9784259544133
  • NDC分類 615
  • Cコード C1061

内容説明

1990年農業法で有機農業への農政転換をはかったアメリカ。現地取材をもとにその背景、内容、課題を紹介。

目次

プロローグ 不確実性を増すアメリカの長期的な食料輸出力
1 農政転換を不可避にした歴史的経緯(農産物輸出の急増をもたらした意外な主因;構造的な減退をこうむる農地の基礎的生産力;激増する優良農地の転用;経営環境の激変で農家財務が著しく悪化)
2 有機農業へ動きはじめた農政(農政転換の胎動―1985年農業法の制定をめぐる動き;本格化した農政の転換―1990年農業法の制定をめぐる動き;「有機農産物に関する国定基準」の概要)
3 有機農業による農業再生を危うくする地球温暖化(非循環的な地球の温暖化―地球温暖化の仕組みと進行状況;激変する降水量の地域別分布―「地球温暖化」が食料生産に及ぼす地域別影響;急激な気象変動への対応は極めて困難―「地球の温暖化」が自然環境等に及ぼす総合的影響;アメリカの食料輸出力は大幅に減退―「地球の温暖化」がアメリカの食料生産に及ぼす具体的な影響)
エピローグ 有機農業と日本民族が生き残る道
資料 欧米諸国の「有機農産物に関する代表的な公的基準と自主基準」の共通点等