ポストハーベスト農薬汚染

ポストハーベスト農薬汚染

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19X13cm
  • 商品コード 9784259543891
  • NDC分類 498.54
  • Cコード C0036

内容説明

輸入食品が危ない!小麦、ダイズ、トウモロコシなど農産物輸出大国からの衝撃レポート。

目次

1 アメリカ農産物の危険度を検証する(発ガン性殺菌剤「キャプタン」が検出された輸入イチゴ;レモンになぜ枯れ葉剤を使うのか;農薬に浸すアメリカのサクランボ;牛肉の発ガン性農薬は野放し状態;日本人には大豆が一番危険;催奇形性農薬が使われている輸入トウモロコシ;日本米よりはるかに高いアメリカ米の農薬残留値;小麦ではいくつかの対応策が考えられる)
2 農産物輸出大国の虚像と実像(野菜・果物の積み出し施設を見る;穀物の輸出施設―ターミナル・エレベータ;プレハーベスト農薬を見る;食品の加工中にも農薬が使われている)
3 恐るべきポストハーベスト農薬汚染(ポストハーベスト農薬とは何か;日本の法規則;アメリカの農薬規制の体系;的外れの残留農薬検査;脱ポストハーベスト農薬への道)
4 日本列島に氾濫する輸入食品(外食産業は輸入食品を多用;輸入食品に頼る学校給食;増加する輸入食品;空港・港の検査体制)