命ということ 心ということ

命ということ 心ということ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 206p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784259543631
  • NDC分類 914.6

内容説明

生きることの尊さ、愛することの美しさを語りかけてきた児童文学者が贈る、命と心をみつめた最新エッセイ。

目次

第1章 命(命と心と;樹齢七千年の杉;肉体の神秘;輝かしい最後;命の木;港町の老夫婦;未来と今と;ありふれた暮らしの中で;ヒューマニズムの火)
第2章 心(悪童からの変心;心に金の鈴を;本ものの人たち;広い心;孫と祖父母たち;魚の住む海と魚の住む川;心の闇の森)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ねここ

2
椋鳩十は、絵本で何度か読んだことがあるが、その経歴や人となりはあまり知らなかった。作家の猫、という本で改めて興味を持ち、図書館で見つけたので読んでみた。いきなりからの、長女とモモ(16歳まで生きた猫。その頃では相当な長寿)の話で心つかまれ、母から子へ渡される「金の鈴の音(子守唄や昔語りの母の声)」は、子ども達との貴重だった時間を思い出した。どれも温かな目で命と心と自然を見ておられた。私には豊かな「心の闇の森」(潜在意識のようなもの)があるだろうか。子ども達の心に、豊かな森を作るための種をまけただろうか。2020/01/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/221015

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。