終活なんか、するもんか

個数:
電子版価格
¥1,408
  • 電書あり

終活なんか、するもんか

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年07月21日 03時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 184p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784255012469
  • NDC分類 159
  • Cコード C0095

出版社内容情報

人生に、ファイナルアンサーはない。
この夏に喜寿を迎える、みのもんたが初めて語る、最愛の妻を失ってからのこと。仕事のやめどき。病気との向き合い方。

***

人生は、7回裏からが面白い。

 2021年の8月で、僕は「喜寿」を迎えることになります。77歳です。この風習が庶民に根付いたのは、江戸時代になってからだといいます。還暦祝いに赤いちゃんちゃんこを昔は着せられたように、喜寿の祝いには、紫色の座布団や枕、扇などを送ってお祝いをするのが正しい風習だということですが、僕はそんなものはちっとも欲しくありません。平均寿命が30代だったと言われる江戸時代ならば、77歳は、それはそれは、奇跡的な長寿としてお祝いもするべきだったでしょうが、今の世は人生100年時代。還暦、古稀、喜寿、傘寿、米寿、卒寿、白寿、百寿と一体何回お祝いされなくてはならないのか。
 寿命が40~50代で終わっていた明治時代までは、人生とはテニスやバレーボールのような「3セットマッチ、5セットマッチ」でした。だけど今の時代、人生とは9回までゲームの続く野球のようなものだと思います。50代ならば、5回裏表。還暦でもまだゲームは6回を迎えたところ。僕は今年77歳だから、人生は7回裏なんです。面白いゲーム、印象に残るゲームとは、終盤戦がいかにドラマチックだったかにかかっています。8回表での大量得点もあれば、9回裏でのさよならゲームもある。あわよくば、延長戦11回まで試合がもつれ込むこともある。だから今を生きる僕たちが、70代、80代だからといって「人生の幕引き」を考えてばかりではもったいない。人生を監督するのは、ほかならぬ自分自身です。名監督だったかどうかは、後になって他人が評価すればいいだけのことで、思う存分、試合に挑むのみ。
 昨今、テレビや新聞や週刊誌さえも、「終活、終活」と、人生の終わりを考えなさいという特集が増えて、僕はいささか食傷気味です。「終活」の二文字を見ると、げんなりとしてしまいます。そんなに死ぬことばっかり考えて楽しいの? つい毒づく自分がいます。老後だからこそ、毎日毎日、楽しいことを考えて生きていたいと思いませんか? 7回や8回の試合中に、ゲームセットのことばかり想像している監督はいないでしょう? 「早く試合を終わらせて、風呂に入って寝たいなあ」とベンチでぼんやりしていたら、即座に監督失格です。 あと何点取れるか。あと何球投げられるか。人生の珍プレー好プレーはまだまだこれから。否、いよいよ、これから。そんな想いから、この本を書いてみます。 
                      2021年 夏       みのもんた

内容説明

最愛の妻の死。仕事のやめどき。病気との向き合い方。それでも、新しい朝はやってくる!日本最強の不良老人・みのもんたが考える、元気が出る生き方。

目次

はじめに―人生は、7回裏からが面白い
第1章 男の引き際は、人それぞれ(還暦を過ぎて初めて気がついた仕事の楽しさ;歳をとったら、人のいいところばかりを見て生きる ほか)
第2章 妻を失ってからの人生(人生に迷ったときは、常に妻に相談をした;空っぽにならなかった冷蔵庫 ほか)
第3章 終活なんか、するもんか(天命は、恋をしながら待つ;「終活」は心が萎える。やるべきは「生前整理」 ほか)
最終章 老兵は、黙って去るな!―これからの日本を想う

著者等紹介

みのもんた[ミノモンタ]
本名・御法川法男。1944(昭和19)年、東京都生まれ。立教大学経済学部卒業。大学時代に放送研究会に入り、アナウンサーを志す。1976(昭和42)年、文化放送に入社。報道アナウンサーとしてスタートし、スポーツアナウンサーを兼務。その後、転機となった深夜ラジオ放送『セイ!ヤング』がスタート、若者層から大きな支持を得る。1979(昭和54)年、文化放送を退社しフリーとして独立。2006年11月、「1週間で最も長時間テレビの生番組に出演する司会者」としてギネスワールドレコーズに認定。2008年にはその記録を更新した。2020年12月、家業である水道メーター製造・販売会社、株式会社ニッコクの代表取締役会長に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Nazolove

19
つい最近テレビで観たらすっかり元気なくなっちゃったな―なんて思っていたらちょうど本を見つけたのでせっかくなので読んでみた。 なかなか共感できる内容ばかりであった。 そういえば前日本テレビで大物司会者が出てトークする番組あったけどすぐなくなってしまって残念だったのを思いだした。 長年テレビで活躍した人ワイワイ言ってる番組もいいななんて思った。 お年寄りだけじゃなくこうやって俺生きてたからお前らも頑張れよ!とエールをいただいた気がしたのでこういった人たちの話も大切にしていければいいななんて思った。 2021/11/04

雨巫女。@新潮部

12
《私-図書館》みのさんの奥さんは、素敵な人だなあ。みのさんの活躍できたのは、奥さんがいたからだったんですね。2022/03/14

神谷孝信

1
軽快な語り口で、著者の生き様や、どうあるべきかに関して面白く読むことが出来た。42021/09/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18179295
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。