絵本の春

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

絵本の春

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 64p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784255011868
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0095

出版社内容情報

異界を覗く愉悦と甘美な慄き!
言語のみを媒介として組み立てられた、
鏡花の自我の奥底にひそむドラマの構造が、
私の目にありありと映り、その超現実的な
言語体験を私もまた痛切に共有し得るという、
芸術作品の秘密は何であろうか。
澁澤龍彦
(『偏愛的作家論』より)

尾崎紅葉のもとで小説修業をし、作風は、川端康成、石川淳、三島由紀夫、澁澤龍彦らに多大な影響を与えた、泉鏡花の幽玄華麗な文体が煌めく名作短篇。
金沢の年間約2万人、開館以来、約40万人が訪れた、泉鏡花記念館で開催予定の「泉鏡花×金井田英津子『絵本の春』原画展」公式画本。

こちらが覗けば向こうからも、というわけで魔の小路を覗いた
少年は美しいあやかしに微かな毒意を秘めたいたずらをされます。
鏡花の少年は常に無垢で純粋な魂の標号のような存在ですが、
それが無惨なもの悪意あるものと対置されるとき、私にはちょうど
手で作った窓のような装置となって束の間の幻想を見せてくれるように
思われました。 ―「あとがき」より―

内容説明

時代を超え、遠い憧憬を呼びさます鏡花の傑作短篇、初の画本化!

著者等紹介

金井田英津子[カナイダエツコ]
画家、版画家、装幀家。群馬県桐生市生まれ。個展、国際版画展などで版画作品を発表するかたわら、愛好する近代日本の文学作品を画本にしている。2004年、「人形の旅立ち」で、第18回赤い鳥さし絵賞、第38回造本装幀コンクール審査員奨励賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ジンジャー(C17H26O4)

104
両手を双眼鏡のような形にして眼に当てがうと、娘が幼い頃、…心底怖がった。眼が暗闇になって恐ろしいと。そのときわたしの眼は、娘を見ていたはずだけれど、娘の見ていた暗闇のわたしの眼は、ーー娘ではない何か別のものを見ていて…それを、娘はわたしの暗闇の眼に、見ていたのだとしたら…とても恐ろしいと、ふと。巳。巳巳。暗闇のわたしの眼は、土塀の連なる小路の木戸を覗き、巳巳巳。月の影に桃の枝の、かしほんの文字を見ていたかもしれなく巳巳巳巳。わたしはとっぷりと暮れた浅野川沿いの路や、主計町の坂を歩いて巳巳巳巳巳…2020/06/28

アキ

92
金沢・泉鏡花記念館で、金井田英津子『絵本の春』原画展を開催中。少年と女の妖しい幻想的な世界に、川の洪水に蛇があらわれ、男が逃げる。鏡花53歳、1926年大正15年の作品。版画で描かれる金沢の街並み、土塀や女川が風情がある。鏡花の世界をおさえた色合いで版画により印象的に見せてくれる。今はすっかり見なくなった蛇。異界とこの世を結ぶ生き物だったのですね。そういえば蛇も異界もこの頃馴染みがなくなった。2020/08/08

mii22.

74
逢魔の刻、異界への入り口がひらかれる。普段はひっそりと人通りすらない、もと邸町であった荒れ果てた土塀の裏少路で少年の覗き見たものは...無垢な少年の目を通して、妖しく艶かしく怖い鏡花の世界が語られ、金井田英津子の郷愁を誘う挿画がその物語りを目の前に立ち上がらせ読者を鏡花の世界へ誘う。それにしても鏡花の紡ぐ物語のなまめかしいこと。うっとり、ぞくぞくさせられる。さらに挿画が夢幻の世界へ深く誘い込む。挿画と物語のコラボでは『朱日記』『化鳥』も素晴らしかったが、こちらも本棚永久保存版。2020/06/14

sin

72
土壁の明暗に、「貸本」の貼り札に、鏡花の語りにネットにもテレビにも未だ侵食されない昭和の子供時代を思い出した。想えば明治や大正は彼方にあっても、古き風情があの大戦に晒されたこの国をかろうじて繋ぎ止めていたその頃の風景が残祉を留めて揺蕩っていた時代であったのかも知れない。そう考えると実社会を活きた平成を時代として捉えるには空虚で、いまの“戦争を知らない子供たち”は日本をも知らないのではないだろうかと思わざるを得ない。2021/05/12

けろりん

71
ゆらりゆうらり花がすみ夕まぐれ。くねくね小路の春爛漫。繊い足首ひやりとなでる緋鹿の子小へび。そうら魅入られた巳入られた。とろり木の下薄闇に白い娘の面が誘う。「かしこいさびしい坊や、物語してあげませう」なつかしいふる里の、山に川に風に花に刻まれた雪融け水のこんこんと心の泉に湧きたつ美しい妖しい優しい無惨なお話。語ってあげて、世の人に。千尋の水底の竜宮、蜃気楼の城、緑の波涛の迷宮、花かがみに映る面影。2020/08/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15948227

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。