おはなしおばさんのおはなし春夏秋冬

個数:

おはなしおばさんのおはなし春夏秋冬

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年01月24日 22時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5変判/ページ数 127p/高さ 25cm
  • 商品コード 9784990417192
  • NDC分類 388.1
  • Cコード C8095

内容説明

昔ばなしはいつの時代も、大人から子どもへ口承で受け継がれてきました。疎開先で近所のおじさんから昔ばなしを聞いて育った著者が、今も頭の中にある300ほどの中から、とっておきのおはなしを季節ごとに編集しました。昔ばなしや民話に興味がある方、素話や語りをされる方に向けて口語で平易な表現での語りになりました。子どもたちに向けて語るときのちょっとしたヒントや工夫も紹介しています。おなはしは福島弁で書かれていますが、もちろんご自身の土地言葉で語ってください。またコラムでは、親御さんへ向けて子育てのアドバイスも。

目次

春のおはなし(みみずとへび;飛脚とうわばみ ほか)
夏のおはなし(蛙ぼたもち;大きなく・ち・び・る ほか)
秋のおはなし(子守泥棒;橋役人 ほか)
冬のおはなし(歳神様;笠地蔵 ほか)

著者等紹介

藤田浩子[フジタヒロコ]
1937年東京生まれ。疎開した福島県三春町で、「畑のおじさん」から昔ばなしを聞いて育つ。95年から20年間、毎年渡米。アメリカのストーリーテラーたちの招待で、アメリカの子どもや大人に、日本の昔ばなしやわらべ歌を紹介したり、またアメリカ在住の日本人の招待で、日本人学校などにも昔ばなしを届けてきた。国と国をおはなしでつないだという功績が認められ「ストーリーブリッジ賞」をはじめ、アメリカでの受賞多数。幼児教育に携わって60年。今も、頭の中にある300話余りの昔ばなしを、子どもや大人に語っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。