ノマドと社畜―ポスト3・11の働き方を真剣に考える

個数:
  • ポイントキャンペーン

ノマドと社畜―ポスト3・11の働き方を真剣に考える

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月04日 17時17分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 183p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784255007052
  • NDC分類 366.8

目次

第1章 ノマドブームの正体とは?(ノマドという名の「自己啓発商法」;経験のない若者が「カモ」に ほか)
第2章 世界を渡り歩くノマドたち(「遊牧民」的な働き方;イギリスで増加するノマド ほか)
第3章 激烈な格差社会の到来(実は「恐ろしい」ノマド;国籍や出身地は関係ない ほか)
第4章 社畜とは何か?(社畜は奴隷か;無言の圧力による相互監視 ほか)
第5章 競争社会を生き抜くために(会社員のノマドワーキングを可能にするインフラ;日本の将来を左右する「柔軟な働き方」 ほか)

著者紹介

谷本真由美[タニモトマユミ]
1975年、神奈川県生まれ。シラキュース大学Maxwell School of Citizenship and Public Affairs(国際関係論)修士課程、シラキュース大学School of Information Studies(情報管理学)修士課程修了。ITベンチャー、経営コンサルティングファーム、国連専門機関の情報通信官などを経て、現在はロンドンの金融機関で情報システムの品質管理とITガバナンスを担当中。その傍ら、ロンドン大学教授である夫とともに日本人の英語指導にもたずさわっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件