幻滅と別れ話だけで終わらないライフストーリーの紡ぎ方

電子版価格 ¥1,134
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

幻滅と別れ話だけで終わらないライフストーリーの紡ぎ方

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 331p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784255006727
  • NDC分類 914.6

目次

1 母と子の二重性を読む(自分のこころはモニタリングできない;精神分析とは「こころの台本」を読むこと;浮世絵の母子像から、こころを読み解く;母と子がともに見ること、思うこと ほか)
2 ストーリーの表と裏を織り込んで(こころの物語を分析する;罪悪感はどうして生まれるのか;『古事記』の中の「見るなの禁止」;きれいはみにくい、みにくいはきれい;みにくいものが動物になる ほか)
3 人生は多面的(講義(3・11が変えたもの;あれこれ信じて、どれも信じない;「裏切る」こころは、生き延びる力;「ぼちぼち」がんばること;こころの震災は、何度も繰り返される ほか)

著者紹介

きたやまおさむ[キタヤマオサム]
1946年淡路島生まれ。精神分析学者。京都府立医科大学卒業後、ロンドンのモーズレイ病院などを経て、北山医院(現・南青山心理相談室)を開設。1991~2010年まで九州大学教授。現在、臨床の傍ら白鴎大学教授、国際基督教大学客員教授を務める。他方、ミュージシャンとして、65年、ザ・フォーク・クルセダーズを結成、解散後は作詞家としても活躍。代表作に『戦争を知らない子供たち』『あの素晴らしい愛をもう一度』などがある

よしもとばなな[ヨシモトバナナ]
1964年東京都生まれ。小説家。日本大学藝術学部文芸学科卒業。小説「キッチン」で海燕新人文学賞、『キッチン』で泉鏡花文学賞を受賞。『TUGUMI』で山本周五郎賞受賞。また『うたかた/サンクチュアリ』『アムリタ』『不倫と南米』などの作品でも海外を含めた数々の文学賞を受賞、『キッチン』など諸作品は現在海外三〇ヵ国以上で翻訳・出版されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

小説家・よしもとばななと精神分析医・きたやまおさむが、『古事記』、浮世絵、西洋絵画、映画、マンガにいたるまでの文化の深層を語り合い、日本人のこれからのあり方を「並んで海を眺める心で」いっしょに考える、新しいスタイルの講義・対談。

[目次]

Ⅰ 母と子の二重性を読む
自分のこころはモニタリングできない
精神分析とは「こころの台本」を読むこと
浮世絵の母子像から、こころを読み解く
母と子がともに見ること、思うこと
こころはまさに「裏」のこと
世界は二重にできている
目を合わせない聖母子のこころ
「愛することは、いっしょに同じ方向を見ること」
お母さんは「はかない」もの
花火が照らすこころの絆
こころの背後を考える
失われたこころのつながり

日本人特有の「表と裏」
「こころの台本」を読むのは時間がかかる
精神科医もたまってたいへん
落差を楽しみ、多面性を保つための楽屋
添い寝という文化
人類の病いの原因は親にある?
自己は「分割」されるもの
よい聴き手の条件
喪失は美しい?
同じ方向を見ずに会話すること

Ⅱ ストーリーの表と裏を織り込んで
こころの物語を分析する
罪悪感はどうして生まれるのか
『古事記』の中の「見るなの禁止」
きれいはみにくい、みにくいはきれい
みにくいものが動物になる
罪悪感は「すまない」物語である
「はかなさ」と「すまなさ」の間を生きること

雑草のように生きることが難しい
文化と幻想のはざまを生きる
「表と裏」で二面性を解消する
日本人は文化にリスクを負わない
生き延びるための「精神分割」
「私」と自我
「私」の空間領域
恩は倍にして返さなくてはいけないもの?
甘える覚悟
上流は生きづらい
普通は奥深い
自分の人生という物語
音楽の世界は「裏」が元気だ
現代社会の二面性
人生はふたつの顔をもっている
鵺のように生きる
何かに出会えば、何かを捨てている
はかないものの美しさ

Ⅲ 人生はいっさいが多面的
3・11が変えたもの
あれこれ信じて、どれも信じない
「裏切る」こころは、生き延びる力
「ぼちぼち」がんばること
こころの震災は、何度も繰り返される
聴き手にも聴き手が必要
こころの消化と排出をよくするために
団塊世代が覚悟しなくてはならないこと
きれいでみにくいこの国の未来

両眼視と二重視の世界
ポップとアートの違い
フリーダ・カーロはマグダラのマリア
後ろを振り返れないとつらい
人生の表舞台と楽屋裏の間がやっぱり面白い
「きたやまおさむ」と「よしもとばなな」の由来
「私」がこころを橋渡しする
よしもとばななの創造性のひみつ
片目が追いつかない
目をつむって、言葉を紡ぎだすこと
マスメディアは降りるのがたいへんな階段
文化と精神病理のつながり
地獄だったひととき
最後は自分で決めるしかない
注意信号でストーリーが変わる
こころの中に襲ってくる大津波


[著者紹介]
きたやまおさむ
一九四六年淡路島生まれ。精神分析学者。京都府立医科大学卒業後、ロンドンのモーズレイ病院などを経て、北山医院(現・南青山心理相談室)を開設。一九九一~二〇一〇年まで九州大学教授。現在、臨床の傍ら白鴎大学教授、国際基督教大学客員教授を務める。他方、ミュージシャンとして、六五年、ザ・フォーク・クルセダーズを結成、解散後は作詞家としても活躍。代表作に『戦争を知らない子供たち』『あの素晴しい愛をもう一度』などがある。著書に『みんなの精神科』『ビートルズを知らない子どもたちへ』、近著に『帰れないヨッパライたちへ 生きるための深層心理学』。