西洋絵画のひみつ

個数:
  • ポイントキャンペーン

西洋絵画のひみつ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月09日 01時30分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 127p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784255005133
  • NDC分類 723

内容説明

聖書の時代から印象派の時代まで、美術に関する4000年を一冊で。西洋美術を根っこから理解するための、いちばんわかりやすくて深い絵画入門。

目次

ひみつその1 キリスト教美術は、聖書の「さし絵」だった!(キリスト教美術は、聖書の「さし絵」;どうして「旧約」と「新約」があるの?;旧約聖書よりユダヤの民の歴史ダイジェスト;新約聖書よりイエスの生涯ダイジェスト)
ひみつその2 「日常」が描かれるまで、長い時間が必要だった!(聖堂から絵画や彫刻が消えた;風俗画が生まれる;風景画が生まれる;静物画が生まれる)
ひみつその3 なぜ、ヌードなの?(古代ギリシャ人にとって、「はだか」とは?;ヌードを描くには口実が必要?;口実をぬぎすてたヌード)
ひみつその4 むかしといまでちがう絵画の「つくる」「売る」「飾る」(ひとりで絵を描いてたわけじゃない;キャンバス画が美術品市場を広げた;「驚異の部屋」と美術館の誕生)

著者紹介

藤原えりみ[フジハラエリミ]
美術ジャーナリスト。1956年、山梨県生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科修士課程修了(美学専攻)。美術雑誌「みづゑ」編集スタッフを経て、フリーランスで単行本・雑誌の編集、翻訳などにたずさわる。武蔵野美術大学・女子美術大学・東京藝術大学非常勤講師

いとう瞳[イトウヒトミ]
イラストレーター。1973年、千葉県生まれ。武蔵野美術大学油絵学科卒業。以後、個展等で作品制作を続けながら主に書籍、広告を中心にフリーで活動中。TIS会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

耳元で優しくささやいてくれた“ひみつ”は人間的で魅力的。
こんなに面白い見方があったんだ。
――束芋さん(現代美術家)推薦!
-------------------------------------

●あの名画も、この名画も、聖書の「さし絵」だった!?

今までにない切り口で、西洋美術にまつわる4千年をあざやかに解き明かす。
誰もがすっきり、絵をもっと楽しめる「絵画の見方」決定版!

難しそうなキリスト教絵画から、ヌードばかりのギリシャ神話画、一見ただ豪華な食卓を描いたかに見える静物画まで――描かれたのには理由があります。実は西洋絵画は、現代の私たちにも共感できるエピソードの宝庫なのです。

本書は、聖書やギリシャ神話にまつわる悲喜こもごものエピソードにはじまり、宗教上の考え方がどのように深く絵画とリンクしているか、歴史が絵画をどう変えたかなど、イラストと名画満載で、楽しく解き明かします。そして最後に、4つの「ひみつ」を通して全体をながめると、あるひとつの大きな絵画の「流れ」を体感できることでしょう。

聖書の時代から印象派まで、美術にまつわる4千年をこの一冊で。
西洋美術を根っこから理解するための、いちばんわかりやすくて深い絵画入門。

◎オールカラー。美しい世界の名作絵画を50点収録
◎いとう瞳によるイラスト多数で、絵本のように楽しい
◎これならわかる! イラストと名画で「読む」旧約・新約聖書ダイジェスト収録

■推薦のことば

「西洋美術史がいかに重要か」なんて声高に語られても、その延長線上に立つことのできない私は反発心を強固なものにするばかりでした。
 知らなくても美術の世界でやっていけることを証明すべく、両手で耳をしっかりふさいでやってきましたが、耳元で「西洋絵画のひみつ」を優しくささやかれた私は、うっかり耳から手を離してしまいました。
 ここに書かれている“ひみつ”は私がずっと疑問に思っていた『宗教のひみつ』や『戦争のひみつ』をも内包し、高尚な神の存在も、高尚なものと捉えられがちな美術とやらも、あるべき場所へやさしく引きずり下ろしてくれます。
 西洋コンプレックスを持っていた私のような人、読んでください。
 耳をふさぐためだけにあった両手がフリーになり、“ひみつ”にまつわる面白いことをたくさんキャッチできる人間に生まれ変わった気がします。
──束芋さん(現代美術家)

■内容紹介

はじめに (絵画にも格付けがあった!)

ひみつその1 キリスト教美術は、聖書の「さし絵」だった!

・持っているもので、だれだかわかる!
・神の姿は描いてはいけない?