エンジニアのための英文メールライティング入門

個数:
電子版価格 ¥1,285
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

エンジニアのための英文メールライティング入門

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月11日 02時06分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 180p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784255004334
  • NDC分類 507.7

内容説明

正確に情報を伝えるための英文必須100パターン、500例文を収録。スムーズかつ正確に伝わるメールの構成、文章のためのキーポイントを詳細に解説。

目次

第1章 技術情報を伝える英文メールの構成パターン
第2章 英文メールで技術情報を効果的に伝えるための原則
第3章 技術情報をすばやく読み取れる構成にするキーポイント
第4章 技術情報を分かりやすく伝えるキーポイント
第5章 技術情報を正しく伝えるための、100の必須表現パターン(製品開発の状況・日程を伝える;製品の機能を伝える;製品の構造を伝える;インストール方法を伝える;操作方法を伝える;動作を伝える;問題事項を伝える;問題の解決策を伝える;参考資料について伝える;製品・部品の資料の送付希望を伝える ほか)

著者紹介

上田秀樹[カミタヒデキ]
1960年生まれ。カーネギーメロン大学修士課程修了。シドニー工科大学修士課程修了。延べ15年間にわたり、エレクトロニクス企業2社に在籍し、英語でのテクニカルコミュニケーション業務に携わる。(株)ケンウッド通信事業部・チーフエンジニアを経て渡米し、カーネギーメロン大学のDepartment of Englishにて、テクニカルコミュニケーションの教授法などを学ぶ。その後さらに、シドニー工科大学のFaculty of Educationにて英語教授法を学ぶ。現在、東海大学情報理工学部・非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

○技術情報を正しく伝えるためのルールと例文! 正確に情報を伝えるための英文必須100パターン、500例文を収録。スムーズかつ正確に伝わるメールの構成、文章のためのキーポイントを詳細に解説。
○エンジニア向けの英文技術文書についての書籍はありますが、英文メールにしぼったものは類書がありません。本書は、日常業務で英文メールをやりとりするエンジニアを対象に、ネイティブにスムーズに情報を受けとめてもらえるメールの論理的な構成、メールの各文章、用語の選択などについてのポイント、さらにはすぐ使える例文集(IT系を中心に、スケジュール管理、製品についての説明、操作方法、トラブル時の問題解決、内容照会、見積などまで)をまとめました。
メールはとかくカジュアルなもの、英会話に近い感覚のものと受けとめられがちですが、アウトソーシングの盛んな時代、正確に情報をやりとりすることを必要とするエンジニアの必携本を目指して編集しています。

【本書の構成】
第1章 技術情報を伝える英文メールの構成パターン
第2章 英文メールで技術情報を効果的に伝えるための原則
第3章 技術情報をすばやく読み取れる構成にするキーポイント
第4章 技術情報を分かりやすく伝えるキーポイント
第5章 技術情報を正しく伝えるための、100の必須表現パターン

【著者紹介】 (かみた ひでき)
1960年生まれ。カーネギーメロン大学修士課程修了。シドニー工科大学修士課程修了。延べ15年間にわたり、エレクトロニクス企業2社に在籍し、英語でのテクニカルコミュニケーション業務に携わる。(株)ケンウッド通信事業部・チーフエンジニアを経て渡米し、カーネギーメロン大学のDepartment of Englishにて、テクニカルコミュニケーションの教授法などを学ぶ。その後さらに、シドニー工科大学のFaculty of Educationにて英語教授法を学ぶ。現在、東海大学情報理工学部・非常勤講師。
主な著書に『ネイティブに通じる英文技術文書の書き方』『50の構文でわかる技術英語の書き方』『電子回路を説明する英語』(以上は工業調査会)『ネイティブの心をつかむ英文マニュアル作成メソッド』(電気書院)『聴くための英文法』(朝日出版社)がある。