メタボで何が悪い!―男のための「ぐうたら」健康術

個数:

メタボで何が悪い!―男のための「ぐうたら」健康術

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2018年05月27日 19時12分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 183p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784255004143
  • NDC分類 498.3
  • Cコード C0076

内容説明

太めなほうが長生きする!?楽しく生きていくための「ぐうたら」健康術。

目次

1章 肥満がすべて悪いわけではない(メタボで何が悪い!;メタボって、つまり何が問題なの? ほか)
2章 こってりした食事が好きな私がしたこと(こってりした食事が好きな私がしたこと;運動、カロリー制限より効果的なダイエット ほか)
3章 ちょっとだけ健康になれる11の方法(運動=「気軽に体を動かす」と考えればいい;ぐうたらスクワットのすすめ ほか)
4章 間違いだらけの健康情報(サプリメントで、他のやつらに差をつける;サプリメントってどうなのよ。信頼できるの? ほか)

著者等紹介

望月俊男[モチズキトシオ]
1954年、大阪生まれ。日本内科学会認定内科医、日本循環器学会専門医、日本抗加齢医学会専門医。メディカルアーバンクリニック院長。1982年関西医科大学卒業後、大阪大学医学部第一内科入局。関西労災病院内科医長、摂津医誠会病院内科部長、同院副院長などを歴任。20年あまり循環器専門医として主に虚血性心疾患の臨床、研究に従事する中で、動脈硬化を含む生活習慣病予防の重要性を認識し、2005年に関西初のアンチエイジングクリニックを開設。現在、クリニックで診療を行う傍ら、テレビや雑誌にも多数出演し、講演活動などを通じて予防医療・アンチエイジングの重要性について啓蒙活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。