仏像のひみつ

個数:

仏像のひみつ

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年05月27日 12時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 111p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784255003634
  • NDC分類 718
  • Cコード C0095

内容説明

東京国立博物館の人気展示が一冊に。4つのひみつを知れば、仏像ってこんなにおもしろい。

目次

1 仏像たちにもソシキがある!(如来―さとりをひらいた;大日如来―真理そのもの ほか)
2 仏像にもやわらかいのとカタイのがいる!(金銅仏―ロウのかたち;塑像―土のかたち;ウルシの仏像;木の仏像)
3 仏像もやせたり太ったりする!(仏像の輪切り?;仏像シルエット;大きな仏像、小さな仏像;仏像の身長はどこではかる?)
4 仏像の中には何かがある!(おしまいに;作品解説;仏像のひみつ顛末)

著者等紹介

山本勉[ヤマモトツトム]
1953年、神奈川県生まれ。東京芸術大学美術学部卒業。同大学院博士後期課程中退。日本彫刻史専攻。24年間の東京国立博物館勤務を経て、2005年4月より清泉女子大学文学部文化史学科教授。東京国立博物館名誉館員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ハイク

95
私は仏像が好きである。奈良、京都、鎌倉等で多数の仏像を見て来た。そして説明を受けた。その時は成る程そうかと思うがすぐ忘れてしまう。今回読メの紹介でこの本を知った。如来、菩薩、明王、天等の種類があり組織化されている。如来はさとりを開いた者を言う。菩薩は如来になる為に修行している者。釈迦三尊は真ん中に釈迦如来で左右に普賢菩薩と文殊菩薩を従えている。薬師三尊は阿弥陀如来の両脇に観音菩薩と勢至菩薩を並べてある等々。ふむふむ。これ等を知ってまた仏像を見ると、これまでとは違ってみるに違いない。御利益があるに違いない。2014/11/01

ホッパー

71
すごく分かりやすい仏像の本。子供でも分かるように専門用語を排した語り口なので、するする読める。如来、菩薩、明王の上下関係を知ることができて良かった。観光でなんとなーく色んな仏像を見てきたけれど、基礎知識があった方がより楽しめるということに気づける。2021/09/08

キック

68
豊富なイラストと無駄のない簡単なコメントで、大変分かりやすく仏像のあれこれを解説した、仏像の超入門書。具体的には、仏像の種類(如来、菩薩、明王、天)、仏像の材料(金銅仏、塑像、ウルシ、木)、仏像の体つき、仏像の胎内物について解説。とにかく、本書は観仏にあたっての最低限の知識を得るための最適なガイド本と言っても過言ではないでしょう。個人的には、「多聞天」と「毘沙門天」は同一の仏であり、一体だけの時に「毘沙門天」という呼称で呼ばれることや、「十二神将」は薬師如来専属のガードマンであることに、特に驚きました。2021/12/22

にし

52
以前「東寺の仏様」の本を読んだのですが仏像の基礎が解らなくて戸惑うことも多く、もっと知りたいと思って手にしました。とっても面白いです。仏像ビギナーの自分にとって教科書。本書を片手に東寺の本をめくると・・もう別物です。如来、菩薩、明王、天、髪の毛や持ち物、衣類に手の形、全てに意味ある。解りやすい内容で仏像への敷居を低くしてくれました。いつも手を合わせている仏像様が身近な存在になり、楽しく理解できた有り難い本でした。2014/01/01

seacalf

41
これは楽しい!びっくりするくらいくだけた調子で仏像について教えてくれる。 とりたてて仏像に興味があった訳じゃないのに、読書メーターの書評に惹かれて読んだけれど、大当たり。 この優しく、噛みくだいた説明はくせになる。 学校の講義でも、集中力が10倍になるくらい生徒の心を掴むのがうまい先生って、いたよなあ。 2016/08/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/563177

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。