ほぼ日ブックス
個人的なユニクロ主義―柳井社長に至近距離でインタビュー

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 122p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784255001180
  • NDC分類 673.7
  • Cコード C0095

内容説明

ユニクロの社長って、こんな人だったんだ!能書きを言わないクールな経済人のおどろきの発言をはじめて大公開!ビジネス書じゃないビジネス講義。

目次

はじめに この本の作られかたと読みかた
商品には、お客さまとの対話がないといけないのに
地方商店街での少年時代
なんにも考えてなかったです
これでダメなら、もうダメかもしれない
成功したい人に、言いたいこと
おわりに 正直に「ぬるま湯」を語れること

著者等紹介

柳井正[ヤナイタダシ]
1948年生まれ。同一製品を、年間100万から1000万単位で販売する「ユニクロ」。この巨大カジュアル衣料品店を経営するファーストリテイリングの社長

糸井重里[イトイシゲサト]
1948年生まれ。広告コピーを手がけながら、ゲーム制作、作詞、詩、エッセイ、小説などの活動を行う。1998年よりインターネット上に『ほぼ日刊イトイ新聞』を開設。現在は1日のアクセス数が40万件にまで成長している
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

あまりマスコミに出ないまま「合理主義者」と評される、ユニクロの社長・柳井正さんに、糸井重里が直接話をうかがいました。・・・柳井さんって、こんな人だったの? 類書とはまったく異なるコンセプトで作られた、一風変わったビジネス書になっていますよ。表紙写真はタナカノリユキさんです。クール。
<柳井正さんについて>同一製品を、年間 100万から1000万の単位で販売する「ユニクロ」。今秋にはロンドンでも店舗を拡大していることは最近の大きなニュースとして取り上げられています。この巨大カジュアル衣料品店を経営する「ファーストリテイリング」は、生産・素材調達・流通までのすべての行程を、自社で賄っているんですよ。その社長が、柳井正さん。1948年山口県生まれの柳井さんは、ユニクロの成長のほとんどを1代で築いているのです。