図説 てんかんの診断と手術

個数:
  • ポイントキャンペーン

図説 てんかんの診断と手術

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 167p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784254321777
  • NDC分類 494.62

内容説明

本書は、医師に、外科的治療に必要な診断学的知識、手技、手術方法に関する情報を提供する目的で書かれたものである。

目次

手術の適応決定
診断のステップ
発作症候と脳波
画像診断
神経心理学テスト―アミタールテスト
頭蓋内電極
術中皮質脳波
てんかんの手術法
手術後の管理
てんかん焦点の病理

出版社内容情報

左頁に解説,右頁に写真・図を配し,脳神経外科学の手術手順がひと目でわかるよう工夫。〔内容〕手術の適応決定/診断ステップ/脳波と症候学/画像診断/頭蓋内電極/手術法(側頭葉切除,MST,脳梁離断術,半球切除)/術後管理

【目次】
1. 手術の適応決定
 1.1 手術適応となる患者
 1.2 小児の手術適応
2. 診断のステップ
3. 発作症候と脳波
 3.1 側頭葉
 3.2 前頭葉
 3.3 頭頂葉
 3.4 後頭葉
4. 画像診断
 4.1 CTスキャン
 4.2 MRI
 4.3 SPECT,PET
5. 神経心理学テスト―アミタールテスト―
6. 頭蓋内電極
 6.1 概論
 6.2 適応
 6.3 手技
7. 術中皮質脳波
8. てんかんの手術法
 8.1 皮質焦点切除術
 8.2 病巣切除術
 8.3 側頭葉切除術
 8.4 脳梁離断術
 8.5 軟膜下皮質多切術
 8.6 前頭葉前半部離断術
 8.7 後頭葉離断術
 8.8 運動野と補足運動野の手術
 8.9 半球切除術
 8.10 迷走神経刺激術
9. 手術後の管理
 9.1 手術直後の管理
 9.2 長期的管理
 9.3 発作の再発
10. てんかん焦点の病理
 10.1 てんかん焦点の病理像
 10.2 自験例の病理所見
11. 参考資料
 11.1 「てんかん発作」の国際分類
 11.2 「てんかんとてんかん症候群」の国際分類
 11.3 脳波の導出法
 11.4 手術効果の評価法―エンゲルの分類―
 11.5 ブロードマンの脳地図
12. 索 引