障子がカーテンに変わったころ - 昭和のインテリア

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 46判
  • 商品コード 9784899903031
  • Cコード C0052

出版社内容情報

本の内容

本書はインテリアコーディネーターの草分けとして活躍してきた著者が、インテリ
ア産業の黎明期から現状に至る日本のインテリア史を、自分史と絡めながら赤裸々
につづっています。
まだインテリアという概念が日本の住宅にはなかった時代、生活様式が徐々に和風
から洋風に変化していくなか、インテリアコーディネーターとしてどのように仕事
に携わってきたかが、当時の時代背景や想いを交えながら描かれています。
インテリア業界に関わる全ての方に読んでいただきたい、資料価値としても大変貴
重な1冊です。


著者プロフィール
村上英子
一般社団法人日本インテリアコーディネーター協会 会長

東京芸術大学を卒業後、百貨店勤務を経て(株)パシフィックハウス・ジャパン
にてインテリア業務に携わる。
1980年(株)三井ホームインテリア(現在の三井デザインテック株式会社)入社。
現在は当たり前となっているインテリアコーディネーターの職務内容の基礎を体系
化。その後の活躍が認められ、1985年に女性として同社史上初の取締役就任。
2000年京阪カスタムデザイン倶楽部ゼネラルアドバイザー就任、2002年インテリア
コーディネーター東京初代会長就任、同年三井デザインテック(株)顧問を退任。
2012年日本インテリアコーディネーター協会会長就任。


本の目次

第一章 インテリアとの出会い
黄色いカーテン
株式会社パシフィックハウス・ジャパンに採用されて
デザインルームの中は
ホテルオークラ本館を受注することに
荒木光子さんのアシスタントとなって
ホテルオークラの完成と、出産・退職

第二章 私の子育て写真集

第三章 インテリアの普及を目指して
移りゆく町の風景
再び、仕事の現場へ
インテリアコーディネーターとして
インテリアコーディネート・システムの発展
「洋風に住む意識」の普及活動

第四章 大きな飛躍
『現代日本 インテリアコーディネート体系』の出版
財閥系企業初の女性取締役に

第五章 人の輪 人の絆
取締役として
個展のこと
KCDCの仲間たち
iconのこと

第六章 時代の移り変わりを眺め、思うこと
変わらないもの
カーペット
家電
カーテン
いろの道
婚礼家具
洋服
もったいない精神
日本に住む喜びを具現化する

第七章 花咲き 鳥歌う 我が家

あとがき

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しんしん

3
昭和の焼け野原を経験してデザイナーになって、働く女性が少なかった時代にしっかりと活躍して、時代の移り変わりを経験していく様子が書かれている。 日本の高度経済成長の一景色だ。2016/05/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11031242

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。