臨床神経心理学

個数:
  • ポイントキャンペーン

臨床神経心理学

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 475p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784254321685
  • NDC分類 493.7

目次

序論
失語
失読
失書
失算
身体図式の障害
失行
視知覚障害、視覚空間障害、視覚構成障害
失認
半側空間無視とその関連する障害〔ほか〕

出版社内容情報

HeilmanとValensteinの『CLINICAL NEUROPSYCHOLOGY』の完訳。〔内容〕序論/失語/失読/失書/失算/身体図式の障害/失行/失認/半側空間無視とその関連障害/脳梁症候群/前頭葉/情動障害/精神分裂病/健忘症/痴呆/他

【目次】
1. 序 論
 1.1 方法と概念
 1.2 「動物実験」対「人体実験」
 1.3 概念的分析
2. 失 語
 2.1 歴 史
 2.2 失語の評価
 2.3 失語の症候群
 2.4 失語の神経行動学的合併症
 2.5 失語のリハビリテーション
3. 失 読
 3.1 歴史的背景
 3.2 読みと言語に関する解剖学的構造
 3.3 読みのモデル
 3.4 失 読
 3.5 複合失読
 3.6 綴りの錯読
 3.7 失読の治療
4. 失 書
 4.1 失書の検査
 4.2 失書の神経学的分類
 4.3 書字および綴りに関する神経心理学的モデル
 4.4 神経心理学的障害と言語性失書および運動性失書との関係
 4.5 結 論
5. 失 算
 5.1 失算の歴史的背景と分類
 5.2 失算の種類
 5.3 失算における損傷の局在
 5.4 計算の半球特異性
 5.5 発達性失算
 5.6 数操作の臨床検査
 5.7 計算障害の他の理論
 5.8 要 約
6. 身体図式の障害
 6.1 自己身体部位失認
 6.2 手指失認
 6.3 左右失認
 6.4 結 論
7. 失 行
 7.1 検 査
 7.2 肢節失行の種類
 7.3 失行の回復と治療
8. 視知覚障害,視覚空間障害,視覚構成障害
 8.1 歴史的背景
 8.2 視覚分析および視覚統合の障害
 8.3 相貌認知の障害
 8.4 色彩認知の障害
 8.5 視空間の障害
 8.6 奥行き知覚と距離の判断
 8.7 視覚構成能力の障害
 8.8 視覚心像
 8.9 心的回転
9. 失 認
 9.1 認識のモデル
 9.2 認識の基準
 9.3 臨床的事象
 9.4 失認と意識的意識性
 9.5 失認患者の検査
 9.6 結 論
10. 半側空間無視とその関連する障害
 10.1 定義と検査法
 10.2 半側空間無視の機序
 10.3 消去現象のメカニズム
 10.4 無視の大脳半球非対称性
 10.5 無視の神経病理
 10.6 機能回復と治療
11. 脳梁症候群
 11.1 用語と病因
 11.2 ヒトの離断症候群の概要
 11.3 歴史的背景
 11.4 全大脳交連切断術に伴う急性期の離断症候群
 11.5 慢性期,安定期の半球離断症候群
 11.6 脳梁徴候および症状の臨床的検査法
 11.7 修正論者批評
 11.8 残された問題
12. 前頭葉
 12.1 神経解剖学的概観
 12.2 臨床神経心理学的研究
 12.3 実験的神経心理学研究
 12.4 結 論
13. 神経疾患に関連する情動障害
 13.1 大脳半球損傷
 13.2 辺縁系の障害
 13.3 大脳基底核疾患
 13.4 仮性球麻痺
 13.5 神経疾患によってひき起こされる情動変化に対する治療
14. 精神分裂病の神経心理学
 14.1 診断,疫学,臨床現象学
 14.2 標準的神経心理学検査
 14.3 実験神経心理学的接近法
 14.4 結 論
15. 健忘症
 15.1 健忘症候群の臨床的な特徴
 15.2 健忘症患者の評価
 15.3 健忘症候群の神経心理学的分析;I.健忘症で損なわれる機能
 15.4 健忘症候群の神経心理学的分析;II.健忘症で残存する記憶機能
 15.5 健忘症の解剖学的な相関
 15.6 健忘症の下位分類;健忘症の類似点と相違点
 15.7 健忘症と関連のある障害の臨床的説明
 15.8 記憶障害のリハビリテーション
 15.9 結 論
16. 痴 呆
 16.1 定義と診断基準
 16.2 鑑別診断
 16.3 変性痴呆
 16.4 変性以外の原因の痴呆
 16.5 生物学的治療
 16.6 行動上の治療
 16.7 結 論
17. 回復と治療
 17.1 回復の理論的メカニズム
 17.2 失語症の回復
 17.3 非失語性脳損傷者の回復
 17.4 言語治療
18. 索 引

【編集者】
E. バレンスティン, K.M. ヘイルマン
【監訳者】
杉 下 守 弘
【訳者】
阿 部 晶 子, 大 伴   潔
川 畑 信 也, 坂 下 泰 雄
坂 尻 顕 一, 下 村 辰 雄
関   啓 子, 高 山 吉 弘
武 田 克 彦, 橋 本 篤 孝
早 坂 智 佳, 板 東 充 秋
広 実 真 弓, 平 山 和 美
松 田   実, 道 関 京 子
村 田 知 樹, 山 本 智 子
米 田 孝 一