シリーズ〈現代金融工学〉<br> モンテカルロ法の金融工学への応用

個数:
  • ポイントキャンペーン

シリーズ〈現代金融工学〉
モンテカルロ法の金融工学への応用

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月11日 11時39分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 198p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784254275063
  • NDC分類 338

内容説明

パーソナル・コンピュータの普及と表計算ソフトなどの登場により、モンテカルロ法は専門家がいなくても利用できる計算手段となった。金融業界では、金融商品の価格付け、ALM(asset liability management),市場リスク管理など多くの場面で利用され、最近では、年金基金のリスク・コンサルティング、貸付け資産のリスク管理など、適用範囲を広げており、リスクあるかぎりモンテカルロ法は必要不可欠である。本書は、金融工学に関する知識のある実務家および経済・経営系や理工系大学院生を対象にした、金融工学におけるモンテカルロ法の入門書である。

目次

1 モンテカルロ法とは
2 極限定理
3 一様分布と一様乱数
4 一般の分布に従う乱数
5 分散減少法
6 リスク・パラメータの算出
7 アメリカン・オプションの評価
8 準モンテカルロ法

著者紹介

湯前祥二[ユマエショウジ]
1963年宮城県に生まれる。1986年東京大学工学部航空学科卒業、同年日本生命保険相互会社入社。現在、ニッセイ基礎研究所勤務

鈴木輝好[スズキテルヨシ]
1967年青森県に生まれる。1991年東京工業大学理学部情報科学科卒業。同年日本生命保険相互会社入社。1999年筑波大学大学院経営システム科学専攻修了。現在ニッセイ基礎研究所勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

金融資産の評価やヘッジ比率の解析,乱数精度の応用手法を詳解〔内容〕序論/極限定理/一様分布と一様乱数/一般の分布に従う乱数/分散減少法/リスクパラメータの算出/アメリカン・オプションの評価/準モンテカルロ法/Javaでの実装