構造力学―仮想仕事の原理を通して

個数:

構造力学―仮想仕事の原理を通して

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 157p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784254201161
  • NDC分類 501.34
  • Cコード C3050

内容説明

構造力学を学ぶ目的は大きく2つある。1つは構造物に外力が作用したとき、どのような応答が現れるかを解析する手段を体得することである。いわば、実務で遭遇する問題が解ける技術者としての基礎的な素養である。この知識を身に着けることは、むろん重要ではあるが、もう1つの目的こそ、本書で強調したかった内容である。それは、構造力学を学ぶことにより力学の枠組を習得することである。いわば、「構造の力学」を通して「力学の構造」を知ることである。

目次

1 トラス構造と仮想仕事の原理(トラス構造の基礎;1次元モデルの仮想仕事の式 ほか)
2 弾性トラス構造の解法(変位法の基本;応力法の基本 ほか)
3 はり構造と仮想仕事の原理(はり構造の基礎理論;はりの仮想仕事の式)
4 はりの仮想仕事の式の応用(静定ばりの影響線;静定ばりの変形量の計算 ほか)

著者等紹介

田村武[タムラタケシ]
1948年京都府に生まれる。1973年京都大学大学院工学研究科土木工学専攻修士課程修了。現在、京都大学教授(大学院工学研究科土木工学専攻)。工学博士。専攻は応用力学
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「構造の力学」を通して「力学の構造」を学ぶことを主眼とし,初学者を悩ませる“仮想仕事の原理”を懇切丁寧に解説した好テキスト。〔内容〕トラス構造の基礎と仮想仕事の原理/弾性トラス構造の解法/はりの構造/はりの仮想仕事の式の応用