朝倉物理学大系<br> 素粒子物理学の基礎〈1〉

個数:

朝倉物理学大系
素粒子物理学の基礎〈1〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年01月22日 17時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 261,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784254136739
  • NDC分類 429.6
  • Cコード C3342

出版社内容情報

実験物理学者が懇切丁寧に書き下ろした本格的教科書。本書は基礎部分を詳述。とくに第7章は著者の面目が躍如。〔内容〕イントロダクション/粒子と場/ディラック方程式/場の量子化/量子電磁力学/対称性と保存則/加速器と測定器

【目次】
1. 序論
2. 粒子と場
 2.1 粒子とは何か
 2.2 場の概念
 2.3 ローレンツ変換
 2.4 自然単位
3. ディラック方程式
 3.1 シュレーディンガー方程式の相対論化
 3.2 平面波解
 3.3 負エネルギー解の解釈
 3.4 ディラック粒子の磁気能率
 3.5 ディラック方程式の共変性
 3.6 パリティ変換
 3.7 荷電共役変換
 3.8 カイラル表示とワイル粒子
 3.9 マヨラナ粒子
4. 場の量子化
 4.1 ラグランジアン形式
 4.2 調和振動子の量子化
 4.3 場の量子化
 4.4 電磁場の量子化
 4.5 ディラック場の量子化
 4.6 ディラック粒子と電磁場の相互作用
 4.7 ファインマンの伝播関数
5. QED;量子電磁力学
 5.1 S行列
 5.2 相対論的運動学
 5.3 相対論的断面積
 5.4 モット散乱
 5.5 eμ散乱(スピン1/2をもつ粒子同士の散乱)
 5.6 コンプトン散乱
 5.7 ファインマン規則
 5.8 放射補正とくりこみ
6. 対称性と保存則
 6.1 連続対称性
 6.2 2体系における回転対称性
 6.3 不連続対称性
 6.4 時間反転(T変換)
 6.5 CPT定理
 6.6 アイソスピン
7. 加速器と測定器
 7.1 加速器
 7.2 粒子と物質との相互作用
 7.3 統計と誤差
 7.4 粒子検出器
8. 付録(II巻に掲載)
 8.1 ディラック行列
 8.2 クーロンゲージでの電磁気学
 8.3 断面積
 8.4 回転と角運動量
 8.5 C,P,T変換性
 8.6 SU(N)の数学的準備
 8.7 質量行列とT,CPT変換
 8.8 フィールツ変換
9. 索  引

内容説明

本書は、これから素粒子物理学を目指そうと試みる理科系の学生、もしくは素粒子物理学を専門としてではないが基本から学ぶ意欲があり、そのためには式のチェックの労をいとわない人々を対象とした素粒子物理学の入門書であり、多彩な素粒子現象の一部を紹介したものである。本巻では、場の量子論の初歩的解説を行った。

目次

1 序論
2 粒子と場
3 ディラック方程式
4 場の量子化
5 QED
量子電磁力学
6 対称性と保存則
7 加速器と測定器