伝記を読もう<br> かこさとし―遊びと絵本で子どもの未来を

個数:

伝記を読もう
かこさとし―遊びと絵本で子どもの未来を

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年10月24日 17時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 144p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784251046253
  • NDC分類 K726
  • Cコード C8323

内容説明

子どものために生きると決めて絵本や紙芝居をつくった、かこさとし。原点は若き日々にありました。さまざまな体験、悩み、そして希望…そこに作品にこめた願いも見えてきます。

目次

1 さとしを育んだ福井
2 絵の先生、あんちゃん
3 消えてしまった夢
4 戦争が終わって
5 子どものことがわからない
6 ダメなお父さん?
7 半信半疑の絵本デビュー
8 だるまちゃんのたんじょう
9 子どもと遊びを一生のテーマに
10 休むのは死んでから

著者等紹介

鈴木愛一郎[スズキアイイチロウ]
1961年、神奈川県生まれ。京都大学大学院修了。博士(経済学)。星城大学教授。かこさとしの謦咳に接し、仕事や生き方の姿勢に多くを学んだ。『からすのやおやさん』(偕成社)を教材に小学生に経営学を教える講座も開催している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

海(カイ)

7
【図書館・新刊棚】2021/05/09

海戸 波斗

1
大好き。だから言っちゃう、ダメなお父さん?で娘の記述73-80で「勉強も良くできたのでむずかしい医学部にもなんなく合格」←「」しばらくブームになってる。の絵里16行。削るってこういう事なのね。絵里は1961年生で著者と同級生。あとがきで障がい者が時間をかければ健常者と同じ仕事って本気か加古先生。差別じゃなくて区別だろって私は思う。近視のひとにメガネがあるように肢体不自由のひとに時間がかかっても自力で階段登れってってことを感じた。これこそ、削れ。ぷんすか!2021/07/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17796401

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。