読書の時間<br> みんなふつうで、みんなへん。

個数:

読書の時間
みんなふつうで、みんなへん。

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2024年04月15日 04時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 95p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784251044754
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8393

出版社内容情報

ボウルをボールとまちがえる中田くん、ネコはオスしかウンチしないと思っていた室井さん、「抽選」の意味を知らずに懸賞のおもちゃを待つ藤田くん、電車の数え方が「円」に変わったと思っている村川くん…。それぞれが、へんな思い込みやかんちがいをしているけれど、みんなふつう。小学校3年1組の児童一人一人が出合う、ささやかな出来事を挿絵たっぷりで楽しく描く。エピソードの見出しは、短歌になっています。

内容説明

ボールといえば投げるものと思っている中田くん、ネコのオスメスの見分け方をまちがっていた室井さん、電車の数え方が変わったと信じている村川くん…。それぞれの思いこみやかんちがいは、へんだけれど、みんなふつう!

目次

赤いのと迷いながらも買ってきたオレンジ色のボールの話
あのときの子ネコのことを思いだし「わあ!」とさけんでしまった話
ひとりだけ足がでかくてそのことをいうにいえずに帰った話
手づくりのケーキがまるで売りもののケーキのように思えた話
チュウセンという日本語がわからずにずっと期待をしていた話
どのように数えることが正しいかよくわからない電車の話
水道の水を勝手につかってもいいと思ってしまった話
木工用接着剤を手にぬってちょっとがっかりしていた話
ごはんよりおかしが好きで食べたくて運動会で食べちゃう話
がんばって世話をしてきたアサガオがあまり大きくならない話
まちがえて三年生が二年生用のノートを持ってる話
ハンバーグ注文したら想像とちがって泣いてしまった話
罪深い自分のことを神様におわびしてから眠った話
いらないといったつもりが買うことになってしまって困った話
雨上がり虹のふもとを見るためにみんないっしょに走った話

著者等紹介

枡野浩一[マスノコウイチ]
1968年東京都うまれ。歌人・作家。小説『僕は運動おんち』(集英社文庫)など

内田かずひろ[ウチダカズヒロ]
1964年福岡県うまれ。マンガ家・絵本作家。『シロと歩けば』(竹書房)でマンガ家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

(*'ω' *)@k_s

41
県立図書~誰もが思いそうな、子どもの日常。思い込みや勘違い、あるある(笑)それに気付いていくことで人間関係や、社会生活に順応していく。でも人間って、どこか“変”で、それは大人になっても一緒で、自分自身もその一人なんだと思います(*´艸`)~子どもが借りてきた本を拝読。タイトルは、金子みすゞさんの『みんなちがって、みんないい。』から生まれたそうです。2022/03/24

ケ・セラ・セラ

21
小学3年生の子どもたちを描いた連作。大人も子どもも皆んな何かしら思い込みや勘違いをしていることが一つや二つあるものです。「みんなちがって、みんないい」そんなお話がたっぷり入った一冊。接着剤透明人間に笑。2021/08/21

頼ちゃん

9
笑える勘違いあるある。こどもにとっては一大事?でもみんな優しい子でよかった。2021/10/02

遠い日

6
15人のクラスメイトの連作短編集。みんなの勘違い、思い違い、早とちりがおもしろい。信じ込んでしまったら、何が正しいか、本当かがわからない。でも、みんな、えへへ、ふふふでつながっていくのがいいなぁ。楽しい、いいクラスです。2022/12/21

もっしゅるーむ

6
子ども新聞に紹介されていたので。短いお話しがたくさん詰まった、連作短編集。前のお話しに登場した子(名前だけも含む)が次の話の主人公になって登場する。みんなへん、のへんなところはもっと個性的というか、他の人からしたら受け入れられないようなものが出てくるのかと思っていたら、そういうのではなかった。思い違いとか、勘違いとか、間違えて覚えていて恥をかいたりとか、ある!あるー!と、どのお話しも共感しちゃうようなやつだった。うーん、子どもが読んだら、みんなそういうことあるんだなって安心するのかな? 2021/09/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17008249
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。