スプラッシュ・ストーリーズ<br> ぼくらは、ふしぎの山探検隊

個数:

スプラッシュ・ストーリーズ
ぼくらは、ふしぎの山探検隊

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年04月22日 20時49分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 188p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784251044112
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8393

内容説明

冬休みの出荘に、いとこたちが集まった。雪合戦やイグルー作り、まきストーブでの料理と、雪国の生活を目いっぱい楽しむつもりだ。一番大きなイベントは、ふしぎの山に冬だけあらわれるという「ニョロニュロ」見物!ぼくらは、探検隊気分で盛り上がっていた。

著者等紹介

三輪裕子[ミワヒロコ]
1951年東京生まれ。東京学芸大学卒業。日本児童文学者協会会員。大学卒業後2年間、練馬区立大泉学園小学校で教師をした後、児童文学作家をめざす。1982年に『子どもたち山へ行く』が第23回講談社児童文学新人賞を受賞。同作品を改稿し、1986年に『ぼくらの夏は山小屋で』と改題し出版、デビュー作となった。2010年に『優しい音』(小峰書店)で、第28回新美南吉児童文学賞を受賞

水上みのり[ミズカミミノリ]
1967年北海道生まれ。武蔵野美術短期大学空間演出デザイン専攻科修了、セツ・モードセミナー卒業。イラストレーターとして、挿絵や絵本の仕事を中心に活動。東京イラストレーターズソサエティ会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

てるあき

0
冬休みにケンとジュン兄妹はおじいちゃんの秘密の山荘で、いとこの亜季子と剛、若葉と哲平、トキ子おばさんと過ごすことに。雪深い山荘で、イグルー作りや薪ストーブを使った料理作り、隠れ家(屋根裏部屋テント)で寝るなど、雪国生活を楽しむ。ふしぎの山で見たニョロニョロ(氷じゅん)を再び見ようと剛と哲平は視界が悪い中雪山に入っていく。雪山をさまよっても、剛は冷静に考えて行動する。布を木に結んだり、洞窟でホイッスルを吹いてユウジとケン、勇の救出を待つ。一歩間違えると遭難し命にかかわる。雪山の怖さも子供たちに伝えている。2017/06/14

森乃あさ

0
またしてもヒーローはユウ兄たちだが、今回はケンも一緒だ。 でも一番のヒーローは剛だ。 雪山へ哲平をリードして登り、遭難してもあわてず、 冷静に考えて行動する。 「始めたことは、あとからくやんでもしかたない。 起こったこともしかたない。大事なのは、 困ったことが起きた時に、よく考えて、できる限りの 行動をすることだ」  ユウ兄の言葉を思い出してその通りに行動した剛がエライ! それにしてもこの山、何千メートルの設定何だろう? 2013/12/15

十六夜

0
「「あの夏、ぼくらは秘密基地で」の続きのお話し 冬休み、おじいちゃんが残してくれた山荘にきたケン達は、雪山を楽しみますが・・・ 子どもたちが突発的な出来事に遭遇するという、三輪さんお得意の冒険もの 昔は子ども目線で楽しく読めたが、今は「大人がなにやっているんだ!?」とついつい突っ込みを入れたくなってしまう 伏線とか上手だけれど、そもそも大人がお気楽すぎ 子どもたちの年齢が書いていないので何年生かわからないが、子どものケン 一人に任せちゃダメでしょう リアルだったら大騒ぎです2012/09/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4339129
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。