科学のアルバム<br> カメのくらし (新装版)

個数:

科学のアルバム
カメのくらし (新装版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月20日 21時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 51p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784251033901
  • NDC分類 K487
  • Cコード C8345

出版社内容情報

カメの祖先は恐竜と同じ仲間。恐竜が滅んだあとも生き続けた秘密は? クサガメとウミガメを比較しながらしらべる。

小学校低学年~高学年向き

目次

日本にすむカメのなかま
甲らをもつからだ
肺で呼吸する
体温の調節
冬眠からさめて
カメの食べもの
産卵の季節
あなほりと産卵
産卵をおわって
帰ってきたアカウミガメ〔ほか〕

著者等紹介

増田戻樹[マスダモドキ]
1950年、東京都に生まれる。幼いころからの動物好きで、高校生のころより、写真に興味をもつ。都立農芸高校を卒業後、動物商に勤務。1971年より、フリーの写真家として独立。1984年より、山梨県小淵沢町に移り住み、おもに、近隣の動植物を撮りつづけている。日本写真家協会会員
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Sara

8
【5才】近所の亀をじっくり観察して図鑑などを見たりしてたので、もう少し詳しいのをと借りてみました。亀一覧からすぐに「これこれ!赤い耳のカメ」とご近所の亀の種類を探し当ててました。そしてそれぞれ「どこにすんでるの?」と聞いてきたりしてました。で、ナンベイヘビクビカメを「首ながっ!」と大爆笑してました。すごく熱心に見ながら聞いていましたが、「赤ちゃんのカメかわいいねえ💖」と言ってた後に、ザリガニに小亀が食べられるところで「食べられるの見たくなかったー😭」と泣きべそ。亀が爬虫類なのは母は初めて知りました。2021/03/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/282550

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。