現代社会学大系 〈14〉 社会体系論 タルコット・パーソンズ

現代社会学大系 〈14〉 社会体系論 タルコット・パーソンズ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 573,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784250740176
  • NDC分類 361.08
  • Cコード C3336

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

うえ

9
「革命集団には、抑圧された同調欲求の再発生の問題と相補的な問題、すなわち運動が高揚したけれども、その運動に参加しない人びとが、革命的価値によって「規律を守る」ようにするといった問題がある。このことは、「教育」にたいする革命体制の極度の関心を大部分説明している。しかし、それはまた革命体制の非常に初期の段階でユートピア的信念の一つの局面、すなわち強制が不法であるという信念は、ほとんどつねにかならず放棄されることになるという理由と非常に密接に関係している」2019/06/09

ゆうき

1
アメリカの社会学者タルコット・パーソンズの社会体系の理論をまとめた一冊。相互関係によって自己と他者の関係によって欲望が満たさせることで、社会は成り立っておりそれは他者も同じであり、お互いの行動が影響しあう機能主義という考えを確立させた。そのご AGIL図式というA(経済システム)、G(政治システム)、 I(コムミュニティー、法体制システム)、L(文化、教育システム)という社会システムを機動させるための構造機能主義システムを確立した。2013/10/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/213252

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。