シリーズ民族を問う
将軍権力と天皇―秀吉・家康の神国観

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 238p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784250203138
  • NDC分類 210.48
  • Cコード C3021

内容説明

国内外の政策にみられる「御礼」の論理や東照宮建立を通し、幕藩制の伝統化にひそむ神国観をさぐる。

目次

第1章 秀吉・家康の神国観とその系譜―慶長一八年吉利支丹追放令を手がかりとして
第2章 寛永期における将軍と天皇
第3章 徳川家康の画像
第4章 秀吉・家康の対外文書にみられる「御礼」の論理
第5章 天皇権威と近世
第6章 日本近世の身分制と神国観
第7章 日本近世農村の「自治」について

著者等紹介

高木昭作[タカギショウサク]
1936年愛媛県に生まれる。1959年東京大学文学部国史学科卒業。1965年東京大学大学院人文科学研究科(国史学専攻)退学。現在、放送大学教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。