徳間文庫<br> アジアの中の日本―岡崎久彦自選集〈1〉

徳間文庫
アジアの中の日本―岡崎久彦自選集〈1〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 427p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784198908645
  • NDC分類 304
  • Cコード C0195

内容説明

「共産主義の脅威と言えば石翼と言われ、日米安保と言えば対米従属と言われる時代に、私が方便として考え出したのはアングロ・サクソン重視論であった…難解な屈原の『離騒』を理解しようと熟読したのもその頃である」。この書は、こうした時代背景の中で書かれた『隣の国で考えたこと』や、『戦略的思考とは何か』などの自著より、著者が精選した論集。現代アジアに対する日本の外交戦略の要とも言うべき論点を、時代超越の慧眼をもって著者が看破する。

目次

第1章 朝鮮問題(日本人の好きな国・嫌いな国;日本人の常識の空白 ほか)
第2章 中国問題(宴のあとの中国論;中国問題再訪 ほか)
第3章 タイ(総合的なアジア政策とは何か;タイ経済躍進への貢献 ほか)
第4章 サウジアラビア(『ローマ帝国衰亡史』で読む中東)