徳間文庫<br> 北朝鮮女秘密工作員の告白―大韓航空機爆破事件の隠された真実

徳間文庫
北朝鮮女秘密工作員の告白―大韓航空機爆破事件の隠された真実

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 253p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784198907884
  • NDC分類 687.7
  • Cコード C0195

内容説明

忘れもしない1987年11月29日、大韓航空機858便はアンダマン海上空で空中爆発し、115人の生命が奪われた。このテロ工作の実行犯として世界を騒がせた金賢姫。本書は朝鮮日報社の一流ジャーナリスト趙甲済が彼女の徹底した単独インタビューを行い、事件の真相に初めて迫ったドキュメントである。北朝鮮秘密工作員の実態、日本人拉致女性教育係の真相を明かす。

目次

第1部 金賢姫は告白する1500日間の証言を初公開(テロリストの誕生;KALをやれ!;服毒・訊問・自白 ほか)
第2部 テロリストへの道―“金日成王朝”の工作員教育(金日成主体王朝の本質;自爆精神の実践;北朝鮮をあまりにも知らない ほか)
第3部 秘密工作員たちの昼と夜―拉致・偽装・浸透・自爆(「工作員」はこうしてつくられる;声なき戦争)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

こうきち

0
30年くらい前の本です。重要なポイントはここかな。 ≪「南北が統一されればどのような問題が起こると思うか」という質問に全氏はこう答えた。 「思想の差異による葛藤は問題にならないでしょう。~略~しかし南の人びとの資本主義が北に拡散されることから、問題が起こります。正直で愚直なほど金儲けに疎い北朝鮮の人びとは、韓国の人びとにたやすく利用されるでしょう。遅ればせながら『あっ、われわれは騙された』と。北の人たちが怒りだすようにでもなれば、南北間の感情の溝が深まっていくのではないかと懸念されます」(P231)≫2019/05/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1109162

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。