徳間文庫<br> 松島・蔵王殺人事件

徳間文庫
松島・蔵王殺人事件

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 263,/高さ 16cm
  • 商品コード 9784198907211
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

架空の世田谷区議の名刺を持った男の毒殺体が上野公園で発見された。翌日、多摩川で見つかった女の絞殺体からも架空の名刺が現われ、同じ印刷屋で作られたことが判明した。十津川警部は女に東北訛りがあったとの情報を得、地方紙に似顔絵を出したところ、松島の小笠原ゆきから、自分の叔母ではないかとの問い合わせがあった。十津川と亀井は現地に向かう。が、ゆきは姿を消していたのだ。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

エヌ氏の部屋でノックの音が・・・

6
「勝手に列車祭」第221弾。。。文庫コレクション440冊目。。。1997年 7月15日 初版。。。男の遺体が発見されるところから始まる。政治がらみの話でありパタパタと人が死んでいく。ものすごい悪い奴である。。。このごろはルート系の作品が多く時刻表トリックが少ない。2019/03/17

サスペンスハンター

0
⭐⭐⭐2013/05/15

千木良

0
巻末の著書リストによれば1997年6月30日現在250冊で、今作は221作目。

ナガサワ

0
松島と仙台を行き来しながらの事件と捜査。それなりの観光名所が散りばめられ、トラベルミステリーらしいストーリーが進む。悪者がおエラいさんというストーリーも王道。が、最後は何なの?あああー!持って行き方とか言い訳とか、あああー!消化不良ー!!2011/12/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/255593

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。