徳間文庫<br> 蘇るウィリアム・モリス―ハイテク時代の職人哲学

  • ポイントキャンペーン

徳間文庫
蘇るウィリアム・モリス―ハイテク時代の職人哲学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 284p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784198907198
  • NDC分類 502.1
  • Cコード C0195

内容説明

産業革命後、大量複製生産が可能となり、多くの人がモノを享受できるようになったが、その一方で、“手作りの喜び”と“職人の誇り”が失われてしまった。それから100年経った今のハイテク時代において、モノ作りに取り組んでいるモリスの末裔―現代の職人たちの姿を探る。

目次

タイヤの“味”を吟味するテストコースの料理人
巨大建造物の内部で0.1ミリの誤差と戦う男
観客の歓声と悲鳴を心の支えに奮闘する“G”の演出家
常に1歩先を目指す「田舎」の反骨技術者
食卓から社会を豊かにする文化の総合プロデューサー
心の豊かさを求める人々への奉仕に徹する裏方
キチン/キトサンの持つ無限の可能性に賭ける
釣り人の感性に訴える究極の釣り竿に挑む〔ほか〕