徳間文庫<br> 禁裏御付武士事件簿―神無月の女

電子版価格 ¥550
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

徳間文庫
禁裏御付武士事件簿―神無月の女

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 253p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784198906856
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

京都御所・寺町御門の警固にあたる御付同心久隅平八は、非番の日には、行商人や虚無僧、遊芸人などに身をやつして市中の諜報活動をする「市歩」だ。ある日、市歩の帰途立ち寄った店で、平八は奇妙な話を耳にした。しかも、翌朝、話しこんでいた男の一人が鴨川で殺されていたことから、平八は事件の真相を探り始めた…(表題作)。元禄期の京を舞台に、「市歩」平八の探索を描く傑作連作集。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

きくちゃん

0
これは面白い。冒頭に御付武士という職業の起源とその任務が説明されるが、特異な職業と京都という町の特殊性に加え禁裏というこれまた特殊な舞台が相まって、硬軟入り乱れた事件が展開する。その解決方法がきまり決まったものではなく、極めて京都らしいところに通常の勧善懲悪的ではない面白さがある。個人的には鬼の火が好きであるが、さて主人公は二条左大臣の別邸に火を放つという解決策にもならぬ始末をつけてこの物語は終わるが、これだけの暴挙をして黒幕がそのままやり過ごすだろうか?次作でこれを火種にした話が展開しそうな予感が・・2021/03/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/410047

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。