独学のプロレス―なぜ究極龍は世界で賞賛されたのか?

個数:
電子版価格 ¥1,683
  • 電書あり

独学のプロレス―なぜ究極龍は世界で賞賛されたのか?

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年04月18日 21時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 403p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784198652333
  • NDC分類 788.2
  • Cコード C0075

出版社内容情報

日本デビュー31周年記念出版

ジャパニーズ・ルチャを世間に広めた元祖「逆輸入レスラー」が語り尽くしたワールド・クラスのプロレス論。

メキシコ、日本、WCW、WWE…世界中を飛び回る究極龍はなぜ、オファーが絶えないのか? セルフプロデュース術からサイコロジーまで、プロレスビジネスのリアルに迫る!

「日本のメジャー団体出身ではない彼がどうやってプロレスを学び、ジャパニーズ・ルチャを確立し、指導者及びプロデューサーとしてのプロレス頭を培い、世界に通用するワールドクラスのプロレスを身に付けたのか?
 今回の出版にあたって、共著という形でタッグを組ませていただき、彼の歴史を掘り起こしながらプロレス観、ビジネス観、旅することで培ってきた感性と世界観に触れることができたのは本当に幸福な時間だった」(小佐野景浩氏による「あとがき」より)

内容説明

ジャパニーズ・ルチャからWCW、WWE、欧州…世界のファンを魅了したウルティモ・ドラゴンの、自伝的ワールドクラス・プロレス論。プロレスはエンターテインメント。ルチャ・リブレは大衆芸能、アメリカはムービー…日本は「格闘技」だった!

目次

プロレス少年
プロレス落第生
プロレスラーとしての生まれ故郷
ジャパニーズ・ルチャ
究極龍とSWS
WAR、新日本での闘い
アメリカWCWに進出
闘龍門
WWE
フリーとして生きる
世界をサーキット
現在、そしてこれから

著者等紹介

ウルティモ・ドラゴン[ウルティモドラゴン]
本名・浅井嘉浩。1966年12月12日、愛知県名古屋市港区生まれ。高校卒業後、新日本プロレス入門を目指したが不合格になり、自費でメキシコに渡って87年5月13日にイゴルダ州パチューカでプロレスデビュー。すぐに頭角を現して88年7月には史上最年少のUWA世界ウェルター級王者になる。90年4月6日には同ミドル級王座も奪取して2階級制覇を達成。日本へは90年3月のユニバーサル・レスリング連盟の旗揚げて凱旋帰国。91年10月にUWAからEMLLに移籍してウルティモ・ドラゴンに変身した。同時に日本での戦場をSWS→WARと変え、IWGPジュニア、ジュニア8冠王座などを奪取した後、96年8月からアメリカWCWに進出。世界クルーザー級、世界TV王者になったが、98年7月に左肘の手術のミスのために戦線離脱。長期欠場の間は97年4月に設立したプロレス学校・闘龍門で指導者に専念、99年1月には日本興行を成功させた。その後は新団体・闘龍門ジャパンのプロデューサーとして手腕を発揮。02年9月に復帰を果たすと、03年5月にWWEに進出。04年5月に帰国後、闘龍門ジャパンを離れてフリーになり、日本の各団体、メキシコ、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、オーストラリアなど世界を舞台に活躍。19年10月8日にラブコールを受けてドラゴンゲート最高顧問に就任した

小佐野景浩[オサノカゲヒロ]
1961年9月5日、神奈川県横浜市鶴見区生まれ。幼少代からプロレスに興味を持ち、高校1年生の時に新日本プロレス・ファンクラブ『炎のファイター』を結成。『全国ファンクラブ連盟』の初代会長も務めた。80年4月、中央大学法学部法律学科入学と同時に(株)日本スポーツの『月刊ゴング』『別冊ゴング』の編集取材スタッフとなる。83年3月に大学を中退して同社に正式入社。84年5月の『週刊ゴング』創刊からは全日本プロレス、ジャパン・プロレス、FMW、SWS、WARの担当記者を歴任し、94年8月に編集長に就任。99年1月に同社編集企画室長となり、02年11月からは同社編集担当執行役員を務めていたが、04年9月に退社して個人事務所『Office Maikai』を設立。フリーランスの立場で雑誌、新聞、携帯サイトで執筆。コメンテーターとしてテレビでも活躍している。06年からはプロレス大賞選考委員も務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。