中国はどこまで世界を壊すか

個数:
電子版価格 ¥1,485
  • 電書あり

中国はどこまで世界を壊すか

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年03月03日 09時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 248p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784198651060
  • NDC分類 302.22
  • Cコード C0036

内容説明

中国発パンデミックの混乱を利用し、香港への支配強化、アメリカの分断煽動、台湾統一への策動を加速させている中国。国際的な浸透工作を活発化させる一方、国内の急速な経済衰退、熾烈な権力闘争が世界を動乱へと導く!中国を知りつくす2人による徹底分析!

目次

序章 パンデミックに乗じて牙をむいた習近平
第1章 世界に不幸を拡散した中国の大罪
第2章 中国離れを加速させ大成功した台湾の真実
第3章 世界で拡大する反中意識に対抗する中国
第4章 深刻な中国経済と世界への影響
第5章 加速する中国の侵略工作を日本はどう撃破するか

著者等紹介

石平[セキヘイ]
1962年、四川省生まれ。北京大学哲学部を卒業後、四川大学哲学部講師を経て、88年に来日。95年、神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了。2007年、日本に帰化。2002年に『なぜ中国人は日本人を憎むのか』(PHP研究所)を発表し、中国の反日感情の高まりを警告。以後、中国や日中関係の問題について、講演・執筆活動・テレビ出演などで精力的に論じている。『なぜ中国から離れると日本はうまくいくのか』(PHP新書)で第23回山本七平賞を受賞

矢板明夫[ヤイタアキオ]
産経新聞台北支局長。日本人残留孤児2世として、1972年、中国天津市生まれ。15歳のときに日本に引き揚げ。千葉県出身。慶應義塾大学文学部を卒業後、松下政経塾に入塾(第18期)。その後、中国社会科学院日本研究所特別研究員、南開大学非常勤講師を経験。2002年、中国社会科学院大学院博士課程修了後、産経新聞社に入社。さいたま総局、北京特派員などを経て2020年4月より現職。『習近平 共産中国最弱の帝王』(文藝春秋)で、第7回樫山純三賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件