今を受け入れ、今を越える。―車いすマラソン世界記録保持者の「前に進む言葉」

個数:

今を受け入れ、今を越える。―車いすマラソン世界記録保持者の「前に進む言葉」

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年09月30日 03時26分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 189p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784198634544
  • NDC分類 782.3
  • Cコード C0095

内容説明

ロンドンの空に日の丸を掲げよう。母であり、妻であり、会社員であり、車いす陸上選手として世界と戦う。熱血アスリートが初めて書いた、最高に前向きな心の作り方。

目次

第1章 挫折を越える。(試練は苦しみではなく人生を好転させる;現状を受け入れなくては前に進めない ほか)
第2章 障がいを越える。(負けず嫌いは才能のうち;まず行動。やる気はあとからついてくる ほか)
第3章 家族と共に越える。(その「婚活」は自分らしいか?;子育てで忍耐力を育む ほか)
第4章 社会を越える。(人の手助けを待っていてはいけない;社会に恩返しをしたい ほか)
第5章 世界を越える。(パラリンピックを理解してほしい;同じ優勝賞金なのに… ほか)

著者等紹介

土田和歌子[ツチダワカコ]
1974年東京都生まれ。サノフィ・アベンティス株式会社所属、日本を代表する車いすアスリート。アイススレッジスピードスケートで活躍後、陸上競技に転向。2001年の大分国際車いすマラソンで1時間38分32秒の世界最高記録を樹立。1998年の長野パラリンピックでの金メダルに続き、2004年アテネパラリンピックでも金メダルを獲得し、日本人初の夏冬での金メダリストになる。4大会連続出場となる2012年ロンドンパラリンピックではマラソンと5000メートルに出場、日本選手団の主将を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。