• ポイントキャンペーン

Tokuma novels
バラバの方を

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 308p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784198505592
  • NDC分類 913.6

内容説明

大物画家の私設美術館の開館日。展示室のドアを開けると、そこは…死体の山だった。オープンを祝う(呪う)かのごとく、聖者殉教の絵そのままに、老人や少女が、腸を引き出され、乳房を抉られ、歯を抜かれ、針鼠になり…。「聖エラスムスは腸を引き出されて殺されるであろう。聖セバスティアヌスは矢を突き刺されて…」招待客の新聞記者・持田の許に届いた不気味な手紙は、殺人予告だったのだ。血まみれの悪夢、狂気の大事件の幕が開く。

著者紹介

飛鳥部勝則[アスカベカツノリ]
1964年、新潟県生まれ。新潟大学大学院を修了後、公務員となる。98年、『殉教カテリナ車輪』で鮎川哲也賞を受賞し、デビュー。絵画と物語が融合した独特の作風は「図像学ミステリー」と呼ばれ、一躍読書界の注目を集める