徳間文庫<br> 吉野ヶ里は邪馬台国なのか

徳間文庫
吉野ヶ里は邪馬台国なのか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 330p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784195990322
  • NDC分類 210.3
  • Cコード C0195

内容説明

吉野ヶ里は古代史へのロマンをかきたてた。環濠集落、無数の土器片、美麗な管玉、頭部を失い、あるいは幾本もの鏃を射込まれた人骨たち、そして朱塗りの甕棺に有柄銅剣を抱いて眠る“王”。さらに楼観・城柵跡が発掘されるにつれ、古代史ファンの想いは「魏志・倭人伝」と邪馬台国へと飛んだ。吉野ヶ里は卑弥呼の生きた地か?様々の立場の論者が、最新のデータと科学的検証で古代史に迫る、吉野ヶ里決定版。

目次

邪馬台国は吉野ヶ里の楼観から見えた(高島忠平)
「吉野ヶ里」の真相(大塚初重)
弥生時代のクニとオウ(高倉洋彰)
吉野ヶ里遺跡“邪馬台国”説を追う(江久宮隆之)
吉野ヶ里こそ邪馬台国だ(奥野正男)
吉野ヶ里から見る邪馬台国(安本美典)
見学者100万人を突破 『佐賀新聞』より
ドキュメント ベールを脱ぐ吉野ヶ里遺跡の全貌

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

くまきん

1
徳間文庫なのでもっと軽い読み物なのかと思ったら(笑)、結構学術的な考察が入った論考も含まれていて、なかなか読み応えがあった。吉野ヶ里が発掘調査されてすわ邪馬台国発見か?と騒ぎがフィーバー(古!)した直後に書かれた文章が収められている。肯定論と懐疑論を並べているのが面白い。しかし、この邪馬台国論争は永遠に続くんだろうね。この本の中には「親魏倭王の金印か三角縁神獣鏡の鋳型が発見されれば、大きな進展になる」と言う様な事が書いてあったけれど。2014/11/19

讃壽鐵朗

0
古本屋の片隅に100円であったのを買って読んだ

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1780718

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。