徳間文庫<br> 吉野ヶ里は邪馬台国なのか

徳間文庫
吉野ヶ里は邪馬台国なのか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 330p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784195990322
  • NDC分類 210.3
  • Cコード C0195

内容説明

吉野ヶ里は古代史へのロマンをかきたてた。環濠集落、無数の土器片、美麗な管玉、頭部を失い、あるいは幾本もの鏃を射込まれた人骨たち、そして朱塗りの甕棺に有柄銅剣を抱いて眠る“王”。さらに楼観・城柵跡が発掘されるにつれ、古代史ファンの想いは「魏志・倭人伝」と邪馬台国へと飛んだ。吉野ヶ里は卑弥呼の生きた地か?様々の立場の論者が、最新のデータと科学的検証で古代史に迫る、吉野ヶ里決定版。

目次

邪馬台国は吉野ヶ里の楼観から見えた(高島忠平)
「吉野ヶ里」の真相(大塚初重)
弥生時代のクニとオウ(高倉洋彰)
吉野ヶ里遺跡“邪馬台国”説を追う(江久宮隆之)
吉野ヶ里こそ邪馬台国だ(奥野正男)
吉野ヶ里から見る邪馬台国(安本美典)
見学者100万人を突破 『佐賀新聞』より
ドキュメント ベールを脱ぐ吉野ヶ里遺跡の全貌